スポンサーリンク

売場作りは楽な仕事

おはようございます、小宮です。

「いろいろやったんだけど売れません」と言う人は多いです。

そう言う人に「どんなことをやったんですか?」と聞くと「レイアウトを変えてみた」、「売場を変えてみた」、「陳列を変えてみた」と売場をいじっているだけという人が本当に多いです。

売場をいじるだけで売れるなら誰も苦労しませんわ!

店で何かをやろうとする時、売場をいじるのが一番楽です。

でもそれって楽なことに逃げているだけでは?

どうしてそんなことが言えるのか?

それは、私自身が逃げていたからです。

私は数え切れないほど売場をいじってきました。

大規模なレイアウト変更で7回、小規模なのを入れるとたぶん30回は越えているはずです。

しかし、売場を変えて売れたことはたった1回しかありません。

それなのになぜしつこく売場を変え続けたのだと思います?

売場を変えるのは楽だからです。

売場を変えるのは売上を上げるため?

本来はそうですが、現実は違います。

売場変更には「入店率を上げる」とか、「回遊率を上げる」とか、「立寄り率を増やす」とか、売上以外の様々な言い訳が用意できます。

売上で結果が出なくても「流れが良くなった」とか、「入店して頂けるお客様が増えました」と取り繕うことができるわけです。

ところが、「売れる商品をもっと売る」場合、結果は売れたか売れないかだけです。

他に言い訳はできません。

売上という結果と真っ正面から向き合うわけです。

あなたは売上を上げるために売場作りをしていますか?

もしそうならばそのまま続けて下さい。

もし、売上から逃げるために売場作りをしているなら?

売上という結果と真っ正面から向き合って下さい。

それがあなたの財産になることを私が保証します。

あなたは売上を上げるには
売れ筋を売らなければならないと
思っていませんか?

それは違います。
答えはこちらのメルマガにあります。

続きはココをクリック

コメント