スポンサーリンク

高い商品を売るもっともカンタンな方法

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

あなたは「高い商品が売れない」と悩んでいませんか?

「高い商品が売れない」のは、増税のせいでも、不景気のせいでもありません。ましてや、お客様が安いモノしか買わないからでもありません。

「高い商品が売れない」のは私たちが売ろうとしていないからです。

「そんなバカな!」って思います?

先週、某有名ホームセンターでこんな体験をしました。

視察目的で訪れたホームセンターですが、そのとき、私、電気ひげ剃りを衝動買いしました。

今使っているひげ剃り、歯の端が欠けていて、角度が悪いと肌が血だらけになります。そんなんで「そのうち買わなきゃ」と思っていました。

電気ひげ剃り2,280円

そこに、ワゴン一杯に山積みされた電気ひげ剃り2,280円。

商売のプロの私も、コレじゃ~買ってしまうって!

ところが、恥ずかしながら、買って大失敗です。

家に帰って説明書を読むと、何と充電専用!

しかも、充電には8時間必要だと?!

と言うことは、朝、使っている最中に充電が切れたら?

歯の欠けた電気ひげ剃りで肌を血だらけにするか、そり残したまま家を出るか、カミソリで剃らなければならないわけです。

超が付くほど面倒くさがりの私にコレはあり得ないです。

普通なら「買って失敗した」で終わりにするところですが、コレは「ネタになる!」と思いました。

50分掛けてまたホームセンターへ

50分掛けてまたホームセンターに戻り、電気カミソリの売場を見てみました。

充電・交流両用&1時間充電で3,480円の電気ひげ剃りが売場にありました。

たった1,200円の差だったらこっちのを買ったのに!

この3,480円の電気ひげ剃りをもっと売るのはカンタンです。2,280円の隣に置くだけ。

POPを作れなくても、接客できなくても大丈夫。ただ、特売品の隣に置いておくだけ。

たったコレだけで、もっと売ることができます。

「安いのしか売れない」?!

でも、ワゴンに積まれているのは2,280円だけ。

これで「安いのしか売れない」って?!

そりゃ当たり前ですって。

高い商品を売りたいのなら商品を見せましょう。特売品はそのために使えばいいのです。

ちなみに、電気ひげ剃りは近所の家電量販店で、同じモノを、同じ価格で買いました。

ブログには書けない、
販売と集客の本当のことはメールマガジンで!

「え? ブログにはウソが書いてあると言うこと?」
いいえ、さすがにそうではありません……

続きはココをクリック

タイトルとURLをコピーしました