おはようございます、小宮です。

「どうしてパソコンとプリンタを一緒に陳列しないのか?」とはVMDコンサルタントからよく聞くセリフです。

私がいた店に入ったVMD系のコンサルタントは4人全員が同じことを言っていました。

ついさっき書店で立ち読みしたVMDコンサルタントの本にも書いてありました。

「商品は他の商品と一緒に使われる。どうして組み合わせで見せないのか?」

あなたはどうしてだと思います?

電気屋ってVMDも知らないアホなのでしょうか?

さすがにそんなことはありません。

99%の電気屋はアイテム別に陳列しています。

パソコンはパソコン売場、プリンタはプリンタ売場と言った具合に。

一方、「商品を組み合わせで見せる」とはどういう陳列でしょうか?

たとえば、スタイリッシュなパソコンMacbookAirなら、スタイリッシュなプリンタ、マウス、マウスパッド、入門書、手帳、ボールペン、iPhoneを一緒に陳列すると言うことです。

一般的にはコーディネート陳列、パソコン屋ではソリューション別陳列と言います。

VMDは伊勢丹の成功以降ブームになりました。

猫も杓子もVMDに走る中、時代に取り残されたかのようにVMDを拒んでいたのが家電量販店です。

なぜ電気屋は陳列を変えないのでしょうか?

理由はカンタン、アイテム別陳列の方が売れるからです。

売れる陳列が残って、売れない陳列が消えただけです。

だからと言って、ソリューション別陳列がダメなわけではありません。

ただ、電気屋の売場作りの狙いと合わなかったのです。

どう言うことか?

知りたい人は9月9日のメールマガジンを読んで下さい。

メールマガジンの登録がまだの方はこちらから登録して下さい。

関連記事

  • 最新記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP