サービス残業、サービス休出させないために

おはようございます、小宮です。

あなたのお店はサービス残業やサービス休出が当たり前になっていませんか?

あなたの部下はそうではなくても、あなた自身はどうですか?

たとえばこの夏の商戦時期に1日も休んでいない人がいるのでは?

自分がやっといて言うのもアレですが・・・

サービス残業やサービス休出をやってはいけません。

健康を害するかも知れませんし、そもそもサービス残業やサービス休出は法令違反です。

ただ、確かにそれも問題ですが、サービス残業やサービス休出の最大の問題は他にあります。

サービス残業やサービス休出の最大の問題は、仕事の質が上がらないことです。

仕事の質を高めるには、効果の小さい仕事は止め、効果の大きい仕事に集中することです。

たとえば発注作業するとき、月に1個しか売れない商品は週1回チェックすれば十分です。

月に1個しか売れない商品が3日くらい品切れしても売上には全く影響ありません。

しかし、サービス残業やサービス休出をすると、そんな商品まで毎日チェックできてしまいます。

時間が限られていたら決してやらなかった仕事までできてしまうのです。

こんなコトをやっていたんでは絶対に仕事の質は上がりません。

サービス残業やサービス休出の本当の問題はココにあるのです。

サービス残業やサービス休出は今すぐ止めて下さい。

そして、やるべき仕事を効果の大きい仕事に絞り込んで下さい。

効果の小さい仕事は思い切って止めてしまいましょう。

コレが仕事の質を高めると言うことです。

ちなみに、効果の大きい仕事とは売上に大きな影響のある仕事のことです。

「売上に大きな影響のある仕事?」と思った人はこちらを読んで下さい。

あなたは売上を上げるには
売れ筋を売らなければならないと
思っていませんか?

それは違います。
答えはこちらのメルマガにあります。

続きはココをクリック

コメント