メールマガジン

売り込むには「売り込む理由」が必要です

おはようございます、小宮です。

売上を上げたいなら、今あなたの店で売れている商品をもっと売ることです。

そうすれば必ず売上は上がります。

「売上が上がらない」という問い合わせには必ずこう答えています。

すると稀にですが次のような返信が返ってくることがあります。

「売れている商品がないんですけど?」

は?あ?ですよね?

売上がゼロと言うことなのでしょうか?

売上がゼロでない限り、何か売れている商品はあるはずです。

そんな商品の中から自分が売れそうだと思うモノを選んで売り込めばいいんです。

売り込むとは、十分な在庫を持ち、売場の一等地に配置し、目立つように陳列し、POPを付け、接客することです。

ココまでやって、ようやくお客は反応してくれるのです。

売り込んでみて売れたらさらに売り込めばいいです。

売れなかったらまた別な商品を売り込めばいいです。

コレを繰り返していけば必ず当たりが見つかります。

ただ、売り込む商品を選ぶとき、忘れてはいけないことが一つあります。

それは、売り込む理由を用意することです。

なぜ、売り込む理由が必要なのでしょうか?

この完全版は7月29日のメールマガジンでお届けします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

こちらの記事もどうですか?

  1. 人時生産性と人時売上が無意味な理由

  2. 現状を正しく認識できる店の数字

  3. 店長養成講座で質問したら売り込まれたは事実誤認

最近の記事

  1. どこが特殊なの?

  2. 売りたいならタマを持て

  3. 店作りの基本を無料で学びたいなら……

  4. なぜ、あなたの店は前年割れするのか?

カテゴリー

TOP