セールス

下手くそなセールスメッセージはコレだ

金曜日に下手くそなセールスメールを受信しました。

今時こんなに下手くそなのは珍しいです。

あなたの反面教師になると思うので一部を公開します。

あ、ただし、武士の情けで固有名詞は変えています。

下手くそなセールスメッセージはコレだ

下手くそなセールスメッセージはコレだ

何と言っても出だしがダメダメです。

Lonly1プロデューサーのホワイトと申します。

まず、Lonly1プロデューサーって何のことだかわかりません。

わからないモノは怪しいと感じます。

普通はココでこのメールはゴミ箱行きです。

もっと最低なのが、売り込みをしようという人間が「ホワイト」って。

ビジネスでは本名を名乗るのが社会人としての常識です。

社会では常識のない人は信用されません。

ホワイト氏はこんな当たり前のことに気づいてないんですね。

最初の一行で「ダメだこいつ」と思ったのですが、逆にココまで下手くそなメールを書くヤツに興味がわきました。

さらに笑える文章が登場

読み進めるとさらに笑える文章が。

私たちは
「教材作成」「サービス作成」
「ランディングページ」「セールスレター」
「オフィシャル公式サイト」「ブランディングサイト」
「フロントエンド」「バックエンド」
などの営業HPの
作成代行をしているチームです。

売りたいモノ、盛りすぎ。

こう言うのはターゲットに応じて、適切な商品に絞るのがセオリーです。

まあ、適当なリスト宛てに、適当なメールを送っただけなんでしょうけどね。

ググってみた

見知らぬ相手からのメールはググってみるのが基本です。

私も「HP 作成代行」でググってみました。

ホワイト氏のものらしいサイトはトップページにはありませんでした。

「この人にランディングページなんか任せて大丈夫?」と思いませんか?

だって自分のサイトさえ出てこないんですからね。

そもそも、ランディングページやセールスページが作れるのに、どうしてスパムまがいのメールを送っているのでしょうか?

誰もが感じる疑問ですよね。

言うこととやっていることが違うのは信用されません。

ホワイト氏は自分のメールで自分の信用を失墜させているのです。シュール過ぎます。

どうすればいいのか?

モノを売ろうと思ったら、本名を名乗ること、売り込む商品を絞ること、言うこととやることを一致させること、この3つは最低限やるべきです。

難しいことではありません。要は、お客様に対して誠実になればいいんですから。

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

こちらの記事もどうですか?

  1. GarageBandでループを組み合わせて1曲作ってみた

  2. 職場の人間関係に悩んでいる人へ

  3. アンケート「10連休中の売上は?」

最近の記事

  1. どこが特殊なの?

  2. 売りたいならタマを持て

  3. 店作りの基本を無料で学びたいなら……

  4. なぜ、あなたの店は前年割れするのか?

カテゴリー

TOP