やる気がなくても仕事はできる

スポンサーリンク

おはようございます、小宮です。

「部下をやる気にさせるにはどうしたらいいですか?」は繰り返し頂く質問です。

私の答えはコレ。

「そんなことは不可能です」

不可能なことを考えるのは時間の無駄です。

そもそも、仕事をするのに必要なのはやる気ではありません。

仕事をするのに必要なのは、スケジュールと締め切りを守ることです。

「やる気」を言い訳にして、スケジュールと締め切りを守らないから「仕事ができない」のです。

お店の仕事は続けることに意味があります。

4S(整理・整頓・清潔・清掃)がいい例です。

ある日突然やる気になって1日だけ売場をきれいにしても無意味です。

4Sは毎日続けるから意味があるのです。

でも続かないんですね。

それをやる気のせいにしてはいけません。

4Sが続かない理由は極めてシンプルです。

スケジュールを守らないからです。

「朝は30分掃除をする」というスケジュールがあるのに守らないから4Sが続かないのです。

4Sを続けるのにやる気なんか要らないんです。

やる気があってもなくても「朝は30分掃除をする」というスケジュールを守ればいいんです。

店長が「部下をやる気にさせるには?」と悩むのは無意味です。

他人をやる気にさせることは不可能です。

そんなことは店長の仕事ではありません。

スケジュールと締め切りを守らせるのが店長の仕事です。

あなたは売上を上げるには
売れ筋を売らなければならないと
思っていませんか?

それは違います。
答えはこちらのメルマガにあります。

続きはココをクリック

スタッフ教育
スポンサーリンク
小宮秀一をフォローする
店長養成講座

コメント