法人客の開拓は春にやる方がカンタン

春は人が動く季節です。

人が動くと環境が変わります。

環境が変化するときは新しいことへの抵抗が少なくなるものです。

だから、法人客の開拓は春にやる方がカンタンなのです。

このページでは、なぜ、法人客を開拓しなければならないのかについて説明します。

これを読むとあなたは、楽して売上を上げる方法を一つ知ることができます。

スポンサーリンク

法人客の開拓は春にやる方がカンタン

法人客の開拓は春にやる方がカンタン

この時期にやった方がカンタンなことの一つが法人客の開拓です。

え?法人に売れるモノがない?

そんなはずはありません。

法人だって個人の集まりに過ぎません。

個人に売れるモノなら法人だって売れるはずです。

「既に取引先があるのでは?」

いいえ、まったく心配要りません。

なぜなら、多くの企業は、新しいお客様の開拓には熱心ですが既存客には冷淡だからです。

付け入る隙どころか、大穴が空いています。

法人が商売しやすい3つの理由

あまり大きな声では言えないですが、法人は商売しやすいです。

理由は3つ。

一つ目は、法人はニーズが明確なことです。

法人のニーズは、

  • お客を増やしたい
  • 利益を増やしたい
  • 経費を節約したい
  • 仕事を楽にしたい
  • 自分の評価を上げたい

の5つです。

ニーズが明確なので、お客様が得する提案――インセンティブ――が作りやすいです。

二つ目は連絡先がわかること。

住所、電話番号、ファックス番号、メールアドレス等々、法人に連絡を取る方法は公開されています。

これはつまり、「お客が得する提案」を知らせるのがカンタンだと言うことです。

最後はリピート性が高いこと。

法人の場合、取引がある間は毎月一定の売上が見込めます。これは私たちの精神的な安定に繋がります。

でも、楽だからと言って法人客に依存しすぎるのは禁物です。

それは下請けという困難な道に通じているからです。

まとめ

法人客の開拓は春にやる方がカンタンです。あなたも近所の法人に営業してみてください。

ところで、もし、あなたが法人客は欲しいけど、営業する時間がないなら、会員サイトのツールキットにある「営業なしで法人に売る方法」を見てください。

ツールキットを閲覧するには「店長養成講座+」月会員の申し込みが必要です。

あなたは売上を上げるには
売れ筋を売らなければならないと
思っていませんか?

それは違います。
答えはこちらのメルマガにあります。

続きはココをクリック

コメント