チラシの目的をはっきりさせましょう

おはようございます、小宮です。 チラシを作るときは目的をはっきりさせておきましょう。 チラシの目的は主に3つあります。

  • 売りたい
  • お客を集めたい
  • (店のことを)知ってもらいたい

「全部したいに決まってる!」 そりゃそうですね。 しかし、この3つ、すべてを満たすチラシを作るのは難しいです。 たとえば「売りたい」チラシの場合。 チラシに掲載する商品は粗利の取れる商品が中心になります。

粗利の取れる商品は高額です。

高額商品はどうしてもお客の数が少なくなります。

しかし、たとえお客が少なくても、粗利が取れればチラシの費用を回収することができます。

白黒のチラシ2000枚を新聞折り込みにすると費用は1万2~3千円です。

1万円の粗利がある商品なら2人に売ればペイできます。

一方「お客を集めたい」チラシは?

低単価で購買頻度の高い商品がチラシの中心になります。

一般に千円以下の商品です。

これらの商品はお客がたくさんいます。

しかし、粗利は少ないです。

粗利が100円とするとチラシの費用を回収するのに120人のお客が必要です。

この2つを共存させるのはものすごく難しいです。

高額商品は説明しないと売れません。

だから、商品説明にスペースが必要です。

一方、低単価の商品はより多くのお客に来てもらわなければなりません。

そのためには掲載する商品の点数を多くする必要があります。

コレは明らかに矛盾した要求です。

「知ってもらいたい」も入ってくるともっと厄介です。

売りたいチラシもお客を集めたいチラシも限定が付きものです。

と言うか、この種のチラシで限定なしはあり得ません。

しかし、限定付きのチラシは限定が終わるとただの紙くずです。

「知ってもらいたい」チラシはお客が欲しくなったときに見て欲しいのです。

売りたい、お客を集めたい、(店のことを)知ってもらいたい、この3つを同時に満たすチラシを作るのはものすごく難しいです。

私はそんな難しいことはお勧めしません。

正直私もそんなチラシは作れません。

そんなむずかしいことをするくらいなら、目的を絞って作ることを強くお勧めします。

目的を絞ったチラシの方が反応も取りやすいですしね。

あなたは売上を上げるには
売れ筋を売らなければならないと
思っていませんか?

それは違います。
答えはこちらのメルマガにあります。

続きはココをクリック

コメント