品揃え

死に筋は減らすな

財務屋の皆さんはよく「死に筋を減らせ」と言いますよね。

しかし、現場はコレを真に受けてはいけません。

死に筋を減らしてはいけないです。なぜなら死に筋を減らしても売上は上がらないからです。

財務屋が「死に筋を減らせ」と言うのは主に財務的な理由です。

では売場にとって死に筋が多いことのデメリットは?

売れ筋を置くスペースが減るコトです。

あなたの店ではこんなことはありませんか?

「売れ筋がスグになくなってしまって補充や発注が間に合わない」

ぶっちゃけ、どこのお店でもよく見かける光景です。

こうなる理由は単純です。

置く場所がないんです。

なぜ、置く場所がないのか?

売れ行きの悪い商品が陳列台やバックヤードのスペースを占めているからです。

と言うことは?

私たちがやるべきコトは死に筋を減らすことではありません。

売れ筋の在庫を増やし、陳列を増やすことです。

そうすると棚から溢れる商品が出てきます。

棚から溢れた商品は思い切って在庫を減らすか、売り切って処分すればいいのです。

死に筋を減らすのではなく、売れ筋を増やしましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

こちらの記事もどうですか?

  1. 「現金が合わなかったら弁償しなければならないのですか?」

  2. 売場でできるレジの違算を減らす方法

  3. 私が出入り禁止にしたクレーマー――クレーマーを出入り禁止にする手順付き

最近の記事

  1. どこが特殊なの?

  2. 売りたいならタマを持て

  3. 店作りの基本を無料で学びたいなら……

  4. なぜ、あなたの店は前年割れするのか?

カテゴリー

TOP