スポンサーリンク

なぜ、前任者は叩かれるのか?

おはようございます、小宮です。

あなたは既にある店舗に、店長やマネージャーなど、上長として異動したことはありますか?

私は2回あります。

もちろん、2回とも売上の思わしくない部門です。

そのとき必ず部下から聞かされるのが前任者の悪口です。

従業員が口を揃えて「前任者はこんなにダメだった」と言います。

最初に異動したときは彼らの言うことをそのまま信じました。

「そうか、そんなにひどかったのか! それは大変だったなあ」

だから、部下が「やりたい」と言うことはそのままやらせるようにしました。

ところが!

売上は一向に上がりません。

値札のない商品とスカスカの陳列棚が3か月放置されているのを見て、やっと気づきました。

「やるべきことをやってないのは前任者じゃなくてお前らじゃん」

それ以降、部下のアイデアを取り入れるのは止めました。

私のやり方で売らせるようにしました。

売上は1ヶ月で上昇に転じました。

「部下の言うことを話半分に聞いていれば…」と後悔しました。

そうすればもっと早く問題に気付けたと思うからです。

2回目はその反省を生かしました。

最初から私のやり方で売らせました。

ココでもさんざん前任者の悪口を聞かされましたが無視しました。

そして「半年以内に30%売上をアップさせろ。できなきゃクビ」と言う命令を3か月でクリアしました。

部下が前任者を叩く理由は、「自分たちは悪くない」と言う保身と、新しい店長に取り入るためです。

要は自分のためなのです。

前任者の悪口は無視することを強く推奨します。

あなたの判断を曇らせないためにも。

あなたは売上を上げるには
売れ筋を売らなければならないと
思っていませんか?

それは違います。
答えはこちらのメルマガにあります。

続きはココをクリック

店長の処世術
スポンサーリンク
小宮秀一をフォローする
店長養成講座

コメント