スポンサーリンク

会議で自分の意見を通す方法

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

店長であれば会議に参加する機会は多いと思います。

そんな会議には大きく分けて3つのタイプがあります。

  1. お偉方の話をただひたすら聞くだけの会議
  2. 何かを報告して、それに対するダメ出しを受ける会議
  3. 何かを決定する会議

1と2に関しては何も言うことはありません。「なんとか乗り切ってください」としか言えないです。

今日取り上げたいのは3の会議です。何かを決定する場で、自分の意見を通す方法を伝授します。

スポンサーリンク

賛成はカンタン、反対は困難

それは「賛成はカンタン、反対は困難」と言う鉄則です。

何かに反対するにはものすごいエネルギーが必要です。

提案する人は事前に入念な準備をしています。根回しは当然として、反対意見への対処も用意しています。

それどころか、反対意見を封じ込める奥の手もあります。それがコレ。

  • 私たちは変わらなければならない
  • 変わろうとしないヤツは悪
  • 反対するのは変わりたくないヤツ

これは厄介です。「変わりたくないヤツ」と言うレッテルを張られると説得力がそがれてしまいます。「いろいろ言うけど、本音は変わりたくないだけなんでしょ?」と痛くもない腹を探られてしまいます。

それで、流れに左右される人たちの支持を失い、失敗するわけです。

だから、会議で自分の意見を通したかったら、反対するのではなく、賛成してもらうようにしてください。コレ、ものすごく重要です。

賛成を3人確保する

その上で、あなたの意見に賛成してくれる人を3人確保します。何十人、何百人が参加する会議でも3人いれば大丈夫です。

この3人には続けて賛成意見を述べてもらいます。賛成意見が3人も続くと「みんな同じ意見?」と言う「空気」が流れます。「空気」に左右される大多数の人たちはコレで賛成に回ってくれます。

あなたは「全会一致」で決まったはずなのに「実は反対だった」ってことありませんか?

それって、一部の賛成派が「空気」を作ってしまったからなんです。

「賛成はカンタン、反対は困難」なのです。

あなたの意見を通したい時に使ってみてください。

あなたは売上を上げるには
売れ筋を売らなければならないと
思っていませんか?

それは違います。
答えはこちらのメルマガにあります。

続きはココをクリック

店長の処世術
スポンサーリンク
小宮秀一をフォローする
店長養成講座

コメント