スポンサーリンク

セールスマンが信用されない理由

おはようございます、小宮です。

セールスには大前提があります。

それは「お客はセールスマンを信用していない」と言うことです。

だから「商品を売る前に自分を売れ」なのです。

でも、不思議だと思いませんか?

なぜセールスマンは信用されないのでしょうか?

セールスマンの究極の役割は紹介者です。

「こんな問題を解決する商品があります」とご案内するのがセールスマンです。

商品のことを知らなくて損をしている人がいるかもしれません。

そう考えると、セールスマンはもっと感謝されてもいいです。

それなのに、なぜ信用されないのでしょうか?

それは、セールスマンの思考法に原因があります。

セールスマンは物事の良し悪しをはっきりさせることはしません。

なぜなら、視点を変えれば、長所も短所に、逆に、短所も長所になるからです。

たとえば、「ライバルより価格が高い」のは短所でしょうか?

違います。

「価格以上の価値がある」と感じた人にとっては長所です。

価値を感じられない人にとっては短所です。

人によって価値観は違いいます。

だから、私たちは相手に合わせて言うことを変えるわけです。

これが信用されない大きな原因です。

「お前、さっきにお客に行ったのと違うじゃないか」

そういわれたことのあるセールスマンは私だけではないはず。

でもコレってダメなこと?

私はいいことだと思います。

むしろ、物事を一方向からしか見られない人の方が気の毒だと思います。

実はこの資質、リーダーにはマイナスの資質です。

理由はカンタン、「いろいろな視点から見る」のはわかりにくいから。

「白も黒になったりグレーになったりする」というより「白は白」という方がわかりやすいです。

その点だけ気を付けておけば、「いろいろな視点から見る」方が仕事も人生も豊かになると思います。

あなたは売上を上げるには
売れ筋を売らなければならないと
思っていませんか?

それは違います。
答えはこちらのメルマガにあります。

続きはココをクリック

商売人のマインド
スポンサーリンク
小宮秀一をフォローする
店長養成講座

コメント