スポンサーリンク

接客基本用語に加えたい2つの言葉

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

売場で重宝する言葉があります。

ものすごく使える言葉なのに、どういうわけか接客基本用語にはありません。

と言うか、接客基本用語に加えている店を私は知りません。

あなたのお店はどうでしょうか?

売場で重宝する言葉は接客基本用語にあるでしょうか?

接客基本用語は次の通り。

  1. いらっしゃいませ
  2. かしこまりました
  3. 少々お待ちください
  4. 大変お待たせいたしました
  5. 恐れ入ります
  6. 申し訳ございません
  7. ありがとうございます
  8. またどうぞお越しくださいませ

店によって5つだったり10個だったり、また、細かい言い回しの違いはあるでしょう。

しかし、ほとんどはこの8つのバリエーションでしょう。

では、私が売場で重宝するのに接客基本用語にないフレーズとは?

それは「失礼ですが」「失礼致しました」です。

「恐れ入ります」と似ているようですが違います。

「恐れ入ります」は「お客様に面倒をおかけする」というニュアンスです。

「失礼ですが」「失礼致しました」は、文字通り、お客に失礼なことをするときに使います。

「お客様に失礼があってはならない」のですが、現実には失礼をすることもあります。

たとえばお客に予算を聞く状況はよくあることです。

人様の、それもお客様の財布の具合を聞くなど、本来失礼千万なことです。

でも、より良い商品を提案するためには必要なんですね。

そういうときに便利なのが「失礼ですが」です。

「大変失礼ではございますが、ご予算はおいくらくらいでお考えございますか?」

そして予算を聞いた後に便利なのが「失礼致しました」です。

「失礼致しました。ご予算は1万円ですか。それでしたらこちらの商品はいかがでしょう」

かなり失礼なことも、この2つのフレーズで挟めば何となく許されてしまうから不思議です。

「失礼ですが」「失礼致しました」

接客基本用語に加える価値、ありますよね?

スポンサーリンク

今さら聞けない売上の作り方

店長養成講座の新教材「今さら聞けない売上の作り方」を今日12月8日(日)までに申し込むと特別価格で購入できます。

お客様が来ないと悩んでいる方へ

効果実証済みの集客ツールは必要ではありませんか? 間もなく申し込みは終了です。 ↓ 今スグチェックする

ブログには書けない、
販売と集客の本当のことはメールマガジンで!

「え? ブログにはウソが書いてあると言うこと?」
いいえ、さすがにそうではありません……

続きはココをクリック

タイトルとURLをコピーしました