スポンサーリンク

初めての売場作り

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

“売場づくり初心者“さんから「初めて売場づくりをやりますが何をやったらいいでしょうか??」というメールを頂きました。

“売場づくり初心者“さんは学生アルバイトです。

“売場づくり初心者さん”のように、どんな立場でも良いモノを作ろうと努力する人がいます。

“売場づくり初心者“さんは、もしかしたらあなたのお店の従業員かもしれません。

意欲のある人にはどんどん仕事を任せることを強くお勧めします。

では質問にお答えしましょう。

初めての売場作りでやるコトは次の3つです。

1.その売場で何が売れているのかを知っておく

まずはこれが最初です。あなたの直属の上司から売上トップ200のデータをもらいましょう。

あ、もちろん、商品が200もなかったら100でも50でもいいです。

売場作りを続けていると、何が売れているかは感覚でわかるようになります。

それでも数字を見る習慣を付けておきましょう。

なぜなら、変化はいきなり訪れるモノだからです。

変化をいち早く知るには数字が便利です。

2.売れている商品を目立つ場所に陳列する

目立つ場所とは、通行量の多い場所、人目に付きやすい場所のことです。

陳列台の中で言うとゴールデンラインがあります。

ゴールデンラインとは、お客様がもっとも商品を見やすい高さのことで、大体80~140センチの間とされています。

売れている商品はゴールデンラインの中に陳列するのが基本です。

ちなみに、ゴールデンラインより上は演出に、下はディスカウト商品に使うのがセオリーです。

3.売れている商品の数を増やす

売れている商品の数を増やすには2つの意味があります。

一つは在庫を増やすことです。

売上が思わしくない店、すべてに言えることがあります。

それは売れている商品にも関わらず、在庫が少なすぎることです。

あなたの店が当てはまるかどうかはカンタンにチェックできます。

売れている商品が品切れを起こしていませんか?

もし、頻繁に品切れを起こしているなら在庫が少なすぎるのです。

お客様が商品を買わないと売上にはなりません。

お客様は売場にない商品を買うことはできないのです。

もう一つは陳列する数を増やすことです。

陳列台に商品がない、しかし、バックヤードにはある、と言うのは最悪です。

しつこいですが、お客様が売場にない商品を買うことはできないのです。

売れている商品には必要なだけのスペースを与えて下さい。

まとめ

以上、この3つを徹底するだけで売上は上げるはずです。

まずはやってみて下さい。

そして結果を教えて下さいね。

ブログには書けない、
販売と集客の本当のことはメールマガジンで!

「え? ブログにはウソが書いてあると言うこと?」
いいえ、さすがにそうではありません……

続きはココをクリック

タイトルとURLをコピーしました