スポンサーリンク

正しい安売りの方法

おはようございます、小宮です。

”んn”さんから「安売りしろと言ったり安売りするなと言ったり言うことが矛盾してる」と言うお叱りのメールを頂きました。

たぶん、「安売り」と言う言葉に感じるイメージが違うのだと思います。

なぜなら、「すべての商売は安売りである」と、私は考えているからです。

”んn”さんは「安売り」を「特売」や「値引き」のイメージで捉えているのでしょう。

そうした売り方について私の立場は次の通り。

「お客を集めるのに必要ならやればいい」です。

値引きしてお客が集まるなら。

ただし、購入点数、購入単価を増やす仕組み、繰り返し来店させる仕組みが必要です。

こうした仕組みがない店が値引きをするのは自殺行為です。

「お客はたくさん来た、でも忙しいだけでまったく儲からない」となるのは明らかです。

では、「すべての商売は安売りである」とはどう言うことか?

「価値の割に安い」と納得した瞬間です。

価値>価格

「価値の割に安い」とは安売り以外の何者でもありません。

それ以外に何と表現すればいいのでしょう。

商品がチロルチョコであろうが、注文住宅であろうが、この式はすべての商売に共通するモノです。

あなたはちゃんと安売りしていますか?

あなたは価格以上の価値を伝えていますか?

価格以上の価値を伝える方法はこちらにも載っています。

「お客が来ない」とお困りの店長さんへ

無料で「お店集客ツールキット」を差し上げたいのですが……
受け取って頂けますか?

コメント