スポンサーリンク

5分でできる売れる売場の作り方

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

“あ”さんから「お前の理念などどうでもいい。どうやったら売れるのか書け」とメールを頂きました。

今日は5分でできる売れる売場の作り方をお届けします。

まずは下準備から。

スポンサーリンク

1.強化する売場を決める

最初に、どの売場を強化するかを決めます。

お勧めは、売上構成比が高い商品です。

なぜなら結果が派手だからです。

派手な結果は上司にも従業員にもインパクトを与えます。

派手なことをやっておくと、後々仕事も進めやすくなります。

まだ下準備は続きます。

2.強化する売場の売上トップ100のデータを用意

次に強化する売場の売上トップ100のデータを用意します。

トップ100くらい見ないと本当の売れ筋はわかりません。

なぜなら、トップ10は特売品ばかりだからです。

特売品は売れ筋とは言えませんよね。

では、データを持って売場に行きましょう。

3.陳列をチェックする

特売品がゴールデンラインの一等地を占めていますか?

特売品も売らなければならないのはわかります。

が、ゴールデンラインすべてが特売品と言うのはやり過ぎです。

そもそも特売品はお客を集めるための商品です。

決して儲かる商品ではありません。

特売品ばかり売っているから「儲からない」のです。

特売品と定番商品をバランスよく売ることが肝心なのです。

では定番商品を売るためにはどうすればいいのでしょうか?

定番商品を特売品の隣に置き、特売品と同じフェースにする。

これだけで定番商品も売れるようになります。

特売品との違いを書いたPOPを付けるとさらに効果的です。

これが特売品の使い方

と言うか、これが本来の特売品の使い方です。

それがいつの間にか特売品を売ることに目的がすり替わってしまったのです。

その特売品を売ると、他の商品より儲かるならいいんですよ。

特売品を容赦なくガンガン売ればいいんです。

その特売品、儲かりまっか?

儲からないなら、儲かる商品を売る努力をするまでです。

それが普通の商売人です。

今さら聞けない売上の作り方

店長養成講座の新教材「今さら聞けない売上の作り方」を今日12月8日(日)までに申し込むと特別価格で購入できます。

お客様が来ないと悩んでいる方へ

効果実証済みの集客ツールは必要ではありませんか?
間もなく申し込みは終了です。

今スグチェックする

ブログには書けない、
販売と集客の本当のことはメールマガジンで!

「え? ブログにはウソが書いてあると言うこと?」
いいえ、さすがにそうではありません……

続きはココをクリック

タイトルとURLをコピーしました