マニュアルを読ませるちょっとしたコツ

おはようございます、小宮です。

あなたのお店にはマニュアルってありますか?

あったとして、そのマニュアルって読まれていますか?

そもそもあなた自身が読んでなかったりして(笑)。

そんなマニュアルを読ませるちょっとしたコツを紹介します。

正直言うと、マニュアルは責任を回避するためのツールです。

たとえば、マニュアルに書いてあることを守らなくて問題が起ったとき。

上司は「マニュアルを読まないヤツが悪い」と逃げられますからね。

そんなマニュアルですが、それでも読んでもらいたいマニュアルってあります。

たとえば、新人のパートやアルバイト向けの入店マニュアル。

ぶっちゃけ、他のマニュアルは読まなくていいから、これだけは読んでおいて欲しいのが入店マニュアルです。

「パートやアルバイトも店の代表である」と言うことを最初のうちに叩き込んでおく必要があります。

しかし、パートやアルバイトは配属即売場が当たり前です。

座らせてのんびり教育している時間はありません。

だから、心構えや姿勢を教育できるのは入店マニュアルしかないんですね。

では、入店マニュアルを読んでもらうにはどうしたらいいのでしょうか?

「読むと自分が得をする」と思わせればいいんです。

セールスと一緒です。

とは言っても、マニュアルを書き直すのは大変です。

そこで提案したいのは、マニュアルのタイトルを変更することです。

入店マニュアルのタイトルってほぼ100パーセント「入店マニュアル」です。

つまらなそうで、読む気になれないタイトルです。

でも、こんなタイトルだったら?

  • 「上司、先輩、同僚、お客様から愛される人になれる17の方法」
  • 「周囲から嫌われる人と好かれる人の17の違い」
  • 「辞めるときに惜しまれる人になる17の秘訣」

「入店マニュアル」よりは読んでみたいと思いませんか?

見せ方を変えるだけで、売れない商品が売れるようになるのと同じです。

セールスって、本当に応用範囲の広い技術なんです。

一生モノの技術を学べる今の機会を大切にして下さい。

あなたは売上を上げるには
売れ筋を売らなければならないと
思っていませんか?

それは違います。
答えはこちらのメルマガにあります。

続きはココをクリック

コメント