おはようございます、小宮です。

あなたのお店には話し好きのお客はいませんか?

年齢、性別は問わず、話し始めたら止まらないお客の一人や二人いるはずです。

そのようなお客とあなたはどう付き合っていますか?

何となく煙たがってはいませんか?

話し好きなお客との付き合い方にはコツがあります。

話し好きなお客は、店への好感度は高いです。

いくら話し好きでも、きらいな店で話し込みたいとは思わないはずです。

だから、適当にあしらったり、無視したりするのはちょっともったいないです。

ま、そうしたくなる気持ちもわからないではありませんが…。

好感度が高いのに、わざわざ下げるようなことをしなくてもいいと思います。

では、話し好きなお客とはどう付き合えばいいのでしょうか?

それは、「ちゃんと売り込んで上げる」と言うことです。

そもそもお客は話したいだけで店に来ているのでしょうか?

さすがにそこまで厚かましい人はいないでしょう。

「何か良いモノがあったら買いたい」と思ってきているはずです。

だから、売り込まない方が失礼なのです。

お客の話に付き合いながら、常に売り込めるチャンスを探すべきです。

たとえば昨日某家電量販店にて。

話し好きなおっさんが店員に熱く語っていました。

「ネットで選挙なんて年寄りは政治に口を出すなってことか?」

若い店員は「そうですねえ」と相槌を打ちながら話を聞いていました。

彼は絶好の売り込みのチャンスを逃してしまいた。

スマホなり、タブレットなりを売り込める絶好のチャンスだったのです。

「今はネットをカンタンに使えるものがありますよ。ご覧になりませんか?」

ネットにまったく興味がなければ「ネット選挙」なんて話は出てきません。

若い店員は売上を上げるチャンスを逃してしまったわけです。

ただ、こうしたことはその場の思いつきでは対応できません。

普段からの準備が必要です。

今が旬の話題に目を通し、その話題から紹介できる商品とセールストークを用意しておきましょう。

話し好きなお客には売って差し上げることが親切です。

関連記事

  • 最新記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP