先日、出先でメガネのフレームが折れてしまいました。

ないとものすごく困るので、大手チェーンの眼鏡店に駆け込みました。

そこで驚きました。

「それって当たり前じゃなかったんだ」と。

近くのメガネ店を検索。

歩いて行ける距離に大手チェーンの店が2軒ありました。

一つは、価格をウリにしている某社。

もう一つは(たぶん)質をウリにしている某社。

価格と質は反比例します。

だから、質をウリにしている某社へ。

適当なフレームを見つけて、フレンドリーな店員に

「コレ下さい」。
「度は今のと同じで」。

レンズは薦められるままに選択。

下手なの選ぶと在庫がなかったりしますからね。

そして支払い。

「で、いつできます?」と私。

店員の答えは何と2日後。

「すいません。急いでいるので」と断って価格がウリのもう一つの店へ。

まずは納期確認。

すると在庫があれば4時間後とのこと。

4時間あったら地元へ帰った方が早いです。

いやはや驚きました。

何本もメガネを作ってきましたが、一番待たされたのでも2時間でした。

私が利用していたメガネ店はアキバと地元の店。

どちらもチェーン店ではありません。

2時間でメガネができるのって当たり前じゃなかったんですね。

逆に、2時間でできるんなら「2時間でお作りします」とあちこちで言わなきゃ損ですよ。

あなたのお店も、商品とサービスを棚卸ししてみて下さい。

「それって当たり前じゃなかったんだ?」ってコトがあるかもしれませんよ。

見つけたら、あちこちで言いふらしましょう。

こういうことは自分で言わなきゃ誰も言ってくれませんからね。

関連記事

  • 最新記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP