スポンサーリンク

お店の敬語

おはようございます、小宮です。

あなたは「このお客様、何に怒っているんだろう?」と言うクレームに遭遇したことはありませんか?

「あの店員の態度は何だ!」とお客。

でも、あなたはその店員の接客態度に問題は感じないと言うような。

そんなときは敬語の使い方が間違っているのもしれません。

敬語には、丁寧語、尊敬語、謙譲語の3つがあります。

私たちがお客に対して使う敬語は尊敬語と謙譲語です。

丁寧語を使うなんてあり得ません。

あなたが「店員の接客態度に問題は感じない」のは丁寧語と尊敬語の区別が付いていないのかもしれません。

丁寧語はさほど親しくない関係の相手に使う敬語です。

初対面で「名前、なんて言うの?」ではなれなれしすぎるから、「お名前を聞いてもいいですか?」と言うのが丁寧語です。

ぶっちゃけ、ただ丁寧なだけなのが丁寧語なのです。

一方、尊敬語と謙譲語は目上の人など、相手を敬うときに使う敬語です。

客商売でお客を敬わない、なんてあり得ないでしょ?

だから、私たちが使う敬語は尊敬語と謙譲語以外あり得ないのです。

「お客様」と持ち上げておきながら言葉が丁寧語なんて笑い話です。

「自分はそんなの、気にしないけどな」

そうです。

丁寧語と尊敬語の違いなんか、気にしない人の方が圧倒的多数です。

しかし、こういうことを気にする人は社会的地位が高く、金払いの良い優良顧客が多いです。

良いお客が欲しければ、きれいな言葉遣いにした方がいいですね。

「お客が来ない」とお困りの店長さんへ

無料で「お店集客ツールキット」を差し上げたいのですが……
受け取って頂けますか?

コメント