店長の処世術

浮き世離れしないために

おはようございます、小宮です。

商売をしている人の中には仕事が好きなあまり、商売オタクになってしまう人がいます。

まあ、商売を研究し、極めようという姿勢はいいと思います。

しかし、それが行き過ぎて、浮き世離れしてしまうのは問題だと思います。

なぜなら、私たちのお客の圧倒的多数は普通の人なんです。

浮き世離れしてしまうと、普通の感覚を失ってしまいます。

あなたはテレビを見ていますか?

「時間がなくて見る暇がない」って人、多いんじゃありませんか?

別にテレビを見なくてもいいです。

他に普通の人を知る機会があれば。

でも、それだって「時間がない」のでは?

そう言う人はせめてテレビくらい見ることをお勧めします。

あなたのお客が見ていそうな番組だけでも見た方がいいですね。

もちろん、ただ漫然とみるのではありません。

普通の人が何に興味を持ち、何を面白いと感じるのかを分析しながら見るのです。

と言うか、自分の好みじゃないと、そういう視点で見ないときついです。

たとえば私は恋愛モノのドラマを見るのが苦痛です。

話が単純すぎて面白くないんです。

だって、結末はくっつくか別れるしかないんですから。

見るのが苦痛の恋愛ドラマでも、普通の人の感性を分析するためなら、何とか見続けることができます。

ちなみに私はSFが好きです。

設定がしっかりしているSFがいいですね。

たとえば、スターウォーズよりはスタートレックの方が好きです。

日本はSFドラマ不毛の地です。

だから私はテレビを見ないんです。

(ツッコミをどうぞ)

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

こちらの記事もどうですか?

  1. 「お得意様しか来ない」のは勘違い

  2. 使えないヤツが実は使えるヤツの法則

  3. あなたは店長という名の店番で満足ですか?

最近の記事

  1. どこが特殊なの?

  2. 売りたいならタマを持て

  3. 店作りの基本を無料で学びたいなら……

  4. なぜ、あなたの店は前年割れするのか?

カテゴリー

TOP