スポンサーリンク

店の最初の仕事は掃除から

お店にはフルタイムで働く人と、パートタイムで働く人がいます。何時から働くにしても、最初の仕事は何があろうと掃除であるべきだと私は考えます。

もちろん、店長だって例外ではありません。開店前に店の前を掃除するのは店長の仕事だと私は思うのです。

精神論で言っているのではありません。なぜなら、朝、学校や勤め先に出かける人に挨拶をすれば店の宣伝にもなるし、好感度も上がるからです。

あ、もちろん、そういう仕事をする人がいる場合はできなくても仕方ありません。その人の立場がまずくなったら気の毒ですからね。

店長が掃除するのですからスタッフだって掃除するのは当然です。全スタッフが出勤した後、15分も掛けて掃除すれば店は常にピカピカでしょう。

パートも同じです。出勤してスグにレジを打つ、発注するなんて百年早いです。パートだって、アルバイトだって、最初の仕事は掃除からです。

もちろん、ただ「掃除しろ」って言うだけではダメです。「なぜ、掃除をするのか?」を、当たり前だけど説明しなければなりません。

そして、指示は具体的に。

今日はココをこのように掃除する、または、この時間帯はココをこのように掃除するという具合に予め決めて指示します。

たとえば、午後出勤のパートにはガラスクリーナーを使ってガラス磨きをやるとか、夕方出勤のパートはゴミ箱のゴミを片付け、ゴミ箱を磨くとか。

ところで、「なぜ、掃除をしなければならないのか?」、あなたには説明不要ですよね。

「お客が来ない」とお困りの店長さんへ

無料で「お店集客ツールキット」を差し上げたいのですが……
受け取って頂けますか?

コメント