スポンサーリンク

安物と思わせてはいけない

おはようございます、小宮です。

「安物と思わせてはいけない」とは陳列NGの一つです。

お客は安いモノを買うのではありません。価値の高さの割に安いモノを買いたいのです。

私たちはこの種の勘違いをしやすいので気を付けましょう。

たとえば、消費期限間近な商品や型落ち、流行遅れの商品は、売り手からすると価値が落ちる商品です。

まあ、だから安く売るんですが、だからと言って安物に見えるとお客の購買意欲を刺激できません。

私は型落ちの商品をワゴンに文字通り放り込んで、乱雑に陳列して売っていたことがあります。

さっさと処分したいのでこうしていたんですが、この売り方だと「この価値でこの安さ」と言う売り方はできないんです。

だって、誰がどう見たって価値がありそうに扱われてないですからね。

絶対的な価格が安くないと売れないんです。

だから、なかなか売れません。

値下げを繰り返して、大損をしてやっと処分すると言うことを繰り返していました。

実は、商品をきれいに磨いて、ラミネートで梱包し、丁寧なPOPを付けた方が、ずっと高い価格で、かつ、もっと早く売れます。

誰がどう見ても、こちらの方が価値がありそうに見えますからね。

ぶっちゃけ、数十円、数百円の損ならワゴンに乱雑に放り込んでもいいかもしれません。

しかし、それ以上の損が出るなら「価値を高めて売る」ことをお勧めします。

お客は安いモノが買いたいのではありません。価値が高い割に安いモノが買いたいのです。

「もっとお客様がほしい」店長さんへ

無料で「お店集客ツールキット」を差し上げたいのですが……
受け取って頂けますか?

コメント