スポンサーリンク

経験をムダにするのはカンタン

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

あなたは、モノを売る人の成功法則KKDDHを知っていますか?

KKDやKKDHは聞いたトコがあると思いますが、KKDDHはたぶん知らない人の方が多いと思います。

なぜなら、KKDDHは私が作った造語だからです。

KKDDHの最初のKは、経験のKです。

ただし、経験を生かせるかどうかは自分次第です。

なぜなら、経験をムダにするのはカンタンだからです。

モノを売る人として成功するのに一番必要なのは経験です。

なぜなら、人は経験を積めば大抵のことはうまくできるようになるからです。

私は長いこと販売の現場の近くにいますが、3年以上やっていて売れなかった人を一人しか知りません。

彼は5年、ビデオ売場に立っていましたが、月の売上が100万円を超えるのがやっとでした。

さすがに人事担当の課長が「君はこの仕事に向いていないんじゃないか」と、退職を勧めました。

ちなみに、この売場で彼の次に売上の悪いのは月400万円です。彼が如何に売れなかったかがわかると思います。

なぜ彼は売れなかったのでしょうか?

たぶん、あなたの想像通りです。

彼は圧倒的に接客機会が不足していたのです。

彼の上長の話では、終礼で「今日の接客機会はゼロ」と報告するのが当たり前のことだったそうです。

接客機会がゼロでは売れるわけがありません。

では、どうして接客機会がゼロだったのか?

上長や先輩が教えてくれたアプローチの技術を使おうとしなかったからです。「そういうやり方はお客様が嫌がるから」と言って。

「嫌がるも何も、売れないヤツが何様のつもりだ!」と、自分たちのやり方を素人に否定されたベテランたちは怒りました。

彼は、「お客様が嫌がらないアプローチ」で売上を上げることはできず、かと言って、怒らせた先輩に頭を下げることもせず、5年という歳月をムダに過ごしました。

経験にムダな経験などないと思いますが、それも何かしらの経験があってこその話です。

何の経験も積めずに時間を過ごすことはムダだと思います。

あなたの部下には経験をムダにさせないでくださいね。

KKDDHとは、経験、勘、度胸、データ、ハッタリの頭文字です。

この5つがモノを売る人の成功法則というわけです。

ブログには書けない、
販売と集客の本当のことはメールマガジンで!

「え? ブログにはウソが書いてあると言うこと?」
いいえ、さすがにそうではありません……

続きはココをクリック

タイトルとURLをコピーしました