スポンサーリンク

PDCではなくCPD

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

ビジネスのマネージメントサイクルは、PLAN(計画)、DO(実行)、CHECK(評価)の3つを繰り返すことだと言います。

しかし、こと、店に限っては少し違うと私は思います。

とは言っても違うのは、順番が、ですが。

店の商売は、まずは観察から始まるべきです。

新しい店を開店する、あるいは売上不振店の店長を任されるなどの場合、まずやるべきことは観察です。

何を観察するのでしょうか?

全部です。

POSデータを見るのも大切ですが、何よりも今店で何が起こっているかを、自分の目で見ることが重要です。

そして見たことから仮説を立てるのです。

くだらない例ですが、子供を連れた男女が多いのであれば、家族連れが多いのではないかと言う仮説が思いつきます。

だから、家族連れが喜ぶ商品を品揃えする、あるいは、子供が食い付きそうなイベントを企画する、と言ったアイデアが生まれます。

あとは実行です。

製造業は仮説だけで突っ走ることはできません。失敗したら会社に大損害を与えかねないからです。

しかし、私たちは違います。

売場で実現できるアイデアなどたかが知れています。

仮説が正しいとか間違っているとか、そんな無駄な議論を戦わせるより、取り敢えずやってみればいいです。

仮説が正しければ、お客様が集まるとか、売上アップと言う結果が、「すぐに」得られるだろうし、そうでなければ売れません。

だから、評価はカンタンです。

売れたか売れないかだけ。これほどわかりやすい評価はありません。

したがって、私たちのマネージメントサイクルは次の通りです。

  1. 観察(CHECK)
  2. 仮説(PLAN)
  3. 実行&評価(DO)

ブログには書けない、
販売と集客の本当のことはメールマガジンで!

「え? ブログにはウソが書いてあると言うこと?」
いいえ、さすがにそうではありません……

続きはココをクリック

タイトルとURLをコピーしました