スポンサーリンク

なぜ、あなたの店は限定販売をやらないのか?

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

今日、売上目標にあと10万円足りないと言う時、あなたは何をしますか?

私は限定販売以外の方法を思い付かないのですが、あなたは?

限定販売は、店頭で声出しして告知すると、通行人を来店客に換えることができます。

店内にいる人に声出しやPOPで告知すると、来店客を購入客に換えることができます。

また、新規客にチラシで告知すると、既存客に換えることができます。

既存客にダイレクトメールで告知すると、購入回数を増やすことができます。

売上を期限までに増やしたいのだったら、限定販売をやるべきです。

これほどカンタンに売上を上げられる方法は他にありません。

それなのになぜ限定販売を行う店は少ないのでしょうか?

これほどカンタンで効果の高い方法は他にないのに限定販売をする店は少ないです。

あってもせいぜい特売品だけとか。

限定販売のパワーを特売品にしか使わないのはもったいないと私は思うのですが…

それはどうしてなのでしょうか?

それは、限定販売を積極的に使う店は、いわゆる安売り店が多いからです。

安売り店は格下で下品と思われています。

私のかつての上司は安売り店のことを「ヤクザ」と言ってはばかりませんでした。

そのため、限定販売を嫌う人が多いのです。

限定販売自体はただのツールなのにイメージのせいで嫌われるのです。

しかし、考えてみてください。

限定販売を嫌っているのは、本当はあなた自身ではありませんか?

たぶん、気になるのは同僚やライバル店の目です。

「あんな下品な売り方をして、恥ずかしくないのかな?」

同僚やライバル店にバカにされるのはプライドが傷つきます。

もしそうだったら愚かなことです。

同僚やライバル店は決してあなたのお客にはならないからです。

たとえ下品と言われようが、お客様が買ってくれたら全部オッケーなのです。

役に立たないプライドは捨てて、限定販売を使い倒してください。

ブログには書けない、
販売と集客の本当のことはメールマガジンで!

「え? ブログにはウソが書いてあると言うこと?」
いいえ、さすがにそうではありません……

続きはココをクリック

コメント

  1. […] そもそも「売る」とはどういうことなのか? https://komish.com/archives/2016 集客で大きく決まるようですね。 […]

タイトルとURLをコピーしました