売れる商品をわかっているか?

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

売上が欲しかったら売れる商品を売ることです。

売上がゼロでない限り、何かしら売れている商品はあるはずです。その売れている商品をもっと売れるようにすれば売上は増えるはずです。

私が「半年以内に30%売上を上げろ。できなければクビ」と言われ、売上不振店を押しつけられたときもこの手を使って3ヶ月で結果を出しました。

もし、この方法で売上が増えないのならどこかやり方が間違っているのです。

スポンサーリンク

何が売れているか、わかっているか?

売れる商品を売るためにはいくつかポイントがありますが、何よりも重要なのは「何が売れているかわかっているか?」です。

あなたは、あなたの店で何が売れているのかわかっていますか?

あなたはわかっているでしょう。でも、あなたの部下はどうでしょうか?

副店長はわかっているかも知れませんが、主任は? 一般社員は? アルバイトは? パートは?

「アルバイトやパートが知っている必要はない」と思いますか?

冗談言っちゃあいけません。品出しをするのはアルバイトやパートではありませんか!?

売れる商品は、最低限目立つ場所に置く必要があります。でも、何が売れているか知らなかったら?

目立たない足下に置いてしまうかも知れないんですよ。こんな恐ろしいことは考えたくもありません。

棚割管理システムのある店ならいいんですが使ってますか? 使ってなくても仕方ないと思います。面倒ですもんね。

アルバイトやパートにも、彼・彼女たちが関わる商品の売上トップ10は教えておきましょう。

あなたは売上を上げるには
売れ筋を売らなければならないと
思っていませんか?

それは違います。
答えはこちらのメルマガにあります。

続きはココをクリック

コメント