セールス

商品を売りたいなら自分ではなく恩を売れ

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

「商品を売りたいなら自分を売れ」と言います。

確かにその通りです。どの企業も似たような商品を売っている中、違いを出せるのは売っている人か、価格か、売り方しかありません。

この3つの中で、もっともカンタンな違いの出し方が「売っている人」です。

商品を売りたいなら自分ではなく恩を売れ

商品を売りたいなら自分ではなく恩を売れ価格を下げるのもカンタンではあります。しかし、利益がなければ商売を続けることができません。

よく「安売りはバカでもできる」と言いますが間違いです。バカでもできるのは値札を書き換えることだけです。安く売って利益を出すには、高度なマネージメントが必要です。つまり、正しくは「安売りはバカではできない」と言うことです。

まして、売り方を変えるのは、カンタンではないし、手間も時間も掛かります。

まあ、だから「商品を売りたいなら自分を売れ」と言われるのでしょう。

でも、これって精神論っぽくないですか? だって、自分の何を売ればいいのかわかります?

私にはわからないです。

商品を売りたいなら恩を売れ

私だったら、そんな精神論じゃなく、「商品を売りたいなら恩を売れ」と言いたいです。この方が使えます。

たとえば、コンビニやスーパーでお弁当を買うと「お箸、お付けしますか?」と聞かれます。細かいですが、これ、セールス技術としては「なし」です。

ココでは「お箸をお付けしましょうか?」と言うべきです。この方が恩を売れます。

「○○しますか?」という言葉は、「○○しましょうか?」と言い換えましょう。そうすれば、お客は自分が気付かないうちに恩を感じてしまいます。恩を感じさせることができたら、成約に三歩近づきます。

では、あなたは、お客様に恩を売るために何をしますか?

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

こちらの記事もどうですか?

  1. 使命感が人を動かす

  2. 店員の接客態度を手っ取り早く改善できる3つの方法

  3. リアル店舗がインターネット通販を始めるもっともカンタンな手順

最近の記事

  1. 店作りの基本を無料で学びたいなら……

  2. なぜ、あなたの店は前年割れするのか?

  3. 法人に売るのがカンタンな3つの理由

  4. 品揃えが大手と同じになってしまう理由

カテゴリー

TOP