価値を落とさないサンプル陳列

おはようございます、小宮です。

商品の中には言葉で説明するより、実際に体験してもらった方がわかりやすいものが多いです。

お客が商品を体験できる陳列をサンプル陳列と言いますが、サンプル陳列には一つ致命的な問題があります。

それはサンプルが劣化することです。サンプルが劣化すると商品の価値も下がってしまうのです。

実際に、サンプル陳列をNGとしている店はコレを理由にしています。

たとえば、食品の試食。

多くの人が食い散らかした後をあなたはきれいだと思いますか?

まあ、100人中99人はきれいに見えないと答えます。

あなたは、きれいに見えない商品に魅力を感じるでしょうか?

これは、サンプル陳列が価値を落としてしまう典型的な例です。

サンプル陳列を行う心意気はいいんです。多くの店がケチってやらないのと比べたら、はるかにお客のことを考えています。

だけど、サンプルの劣化で商品の価値を落としてしまったら、せっかくのチャレンジが水の泡です。

この問題の解決はカンタンです。

見せるサンプルと、体験させるサンプルの二つを用意すればいいんです。

たとえば、試食の場合なら、美しく盛り付けたサンプルと、実際に試食してもらうサンプルの二つを用意するのです。

見せるサンプルは透明なプラスティックケースに入れて触れらないようにしてPOPを付けます。

実際に試食してもらうサンプルは見せるサンプルの近くに置くか、担当者が手に持っておくかします。

体験するサンプルより、見せるサンプルが目立つようにするわけです。

サンプル陳列で売上を上げたいなら、ぜひ、試してみてください。

あなたは売上を上げるには
売れ筋を売らなければならないと
思っていませんか?

それは違います。
答えはこちらのメルマガにあります。

続きはココをクリック

コメント