スポンサーリンク

非常時でもあがきましょう

おはようございます、小宮です。

買い溜めの反動や自粛ムードで売上が厳しくなっているという声を聞きます。

このように不可抗力で売上が落ちるとき、あなたはどうしますか?

「このご時世じゃ売れない」とあきらめますか? 「売れないときには売れない」と開き直りますか?

実は、非常時にどう対処するかは、あとの売上に響きます。

決してあきらめたり、開き直ったりしないでください。

やっても売れないかもしれませんが、お客を集め、売上を上げるためにセールやイベントをやってください。

この時期でもあなたの商品を必要とする人、あるいは、この時期だからこそ必要とする人が、必ずいるからです。

昨年、タバコが値上げされましたが売り手の多くは「みんな買い溜めするからしばらく売れない」と言っていました。

しかし、2010年10月1日にもタバコを買いに来た人はいました。私の見聞きした範囲だけかもしれませんが、10月1日に一つもたばこが売れなかった店はないんじゃないでしょうか?

「みんな買い溜めするからしばらく売れない」とは売り手の思い込みなんですね。

それに、こういう時期に買うお客はヘビーユーザー、パワーユーザー、マニア、オタク、廃人と言った店にとってはありがたいお客が多いんです。

お客があきらめてないのに店があきらめちゃいけませんよね。

私が最初に店長をやった店は2年目に苦戦しましたが、そもそも売上が落ちたきっかけは消費税の値上げでした。

私は4月の売上をはじめからあきらめてしまいました。会社が企画した消費税還元セールも真面目に取り組みませんでした。

なぜなら「駆け込み需要があったからしばらく売れない」と、無駄な努力と思ったからです。

あきらめた結果は数字に出ました。19店舗中もっとも前年比を落とした店になってしまったのです。

あなたは私のような失敗を犯さないでください。

どんな時でもお客はいるのです。どんな時でも私たちはお客の期待に応えなければならないのです。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

「お客が来ない」とお困りの店長さんへ

無料で「お店集客ツールキット」を差し上げたいのですが……
受け取って頂けますか?

コメント