スポンサーリンク

夏と冬に稼ぐのは売上、では春に稼ぐのは?

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

夏と冬はボーナス商戦があります。

したがって、夏と冬に稼ぐのは売上です。

では、あなたは春に稼ぐのは何だかご存知ですか?

春商戦は夏と冬と違って売上のボリュームは少ないです。

しかし、だからと言って重要ではないわけではありません。

それどころか、春商戦はコレを稼がないと次の夏、冬の商戦に差し支えます。

私たちが春に稼がなければならないものとは?

答えは「お客様」です。夏と冬に稼ぐのは売上、春に稼ぐのはお客様です。

春は入学や就職、転勤など、人が大きく動きます。

あなたの店の近所にも、新しく引っ越してきた人、新しく通学する人、新しく勤める人が増えるわけです。

彼らはまだあなたの店のことを知りません。店があることを知らせて、繰り返し利用してもらう仕掛けをするのが春なのです。

店の普段の販促は「次に来てもらうにはどうするか?」が優先順位の一番ですが、春だけは「新しいお客様に来てもらうにはどうするか?」が一番です。

逆に、この時期に新しいお客様を獲得できないと1年間売上に苦労します。

なぜなら、人が動くと言うことは、既存客がいなくなると言うことでもあるからです。

店の売上を作るのは既存客ですから、既存客が減ったら減った分だけ売上も減ってしまいます。

放っておけばお客様は減るのだと肝に銘じましょう。

春商戦は夏冬に比べると売上規模は落ちます。どうしても夏冬ほどには力が入りません。

しかし、1年間の売上の基盤となるお客様を獲得するのは春なのです。夏冬の商戦と同じくらい力を入れて取り組んでください。

検索エンジン対策してますか?

引っ越してきた人が店を探すのに、昔は電話帳を使っていましたが、今は圧倒的に検索エンジンが使われています。

あなたの店のサイトの検索エンジン対策を行っておきましょう。サイトがなければブログでもいいので立ち上げましょう。

検索エンジンで店を探す人が多いんですから、サイトがないのはそれだけで損をしていることになります。

検索エンジン対策と言っても難しいことをやる必要はありません。

ページのタイトルに地域と商品名を入れたページを作り、商品と店の説明を書いたページを書けばいいのです。

地域と商品名(たとえば、水戸、パソコンのように)は、検索される件数が多い割りに対策をしている店が少ないです。

いろいろな地域と商品で検索してみましたが、店のサイトがトップページに出てくることはありませんでした。

かと言って、トップページのサイトが特別強いわけではありません。

検索エンジンに反映されるのに2~3ヶ月はかかりますから、今すぐ始めてください。

「もっとお客様がほしい」店長さんへ

無料で「お店集客ツールキット」を差し上げたいのですが……
受け取って頂けますか?

コメント