スポンサーリンク

ストレスをコントロールする方法

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

店長と言う仕事は普通の神経ではやってられません。

もの言わぬ数字のプレッシャー、上司のプレッシャー、部下の突き上げ、お客からの理不尽なクレーム、それに見合わぬ安い給料、少ない休み、法律などクソ食らえの長時間労働。

家族を持っていたら家族からのプレッシャーもあるでしょう。

ストレスで体を壊して辞めた店長も少なくありません。現実に、このメールの読者にも3人いました。

もっとも、3人と言うのは私に伝えてくれた人だけです。もしかしたら、私が知らないだけで、本当はもっとたくさんいるのかもしれませんね。

ストレスは、店長の仕事を続ける障害の一つです。

しかし、上司の気まぐれなどの障害と違って、ストレスは自分発信です。自分が何とかできるものです。

できれば上手くストレスをコントロールして、付き合いたいものです。

幸い、私はストレスで店長を辞めずに済みました。私の個人的な資質の可能性もありますが、先輩にアドバイスされたことなど、いくつか心がけていたことがあります。

そこで、小宮流のストレスをコントロールする方法を、ケース別に2つ紹介します。

最初は、売上のプレッシャーで追い込まれているとき。

スポンサーリンク

「すぐ次の行動を起こす」

売上が悪い責任は店長にあるに決まっていますが、自分を責めていてはストレスがたまるばかりです。

そもそも自分を責めても何の解決にもなりません。

そんな暇があったら、問題点を見つけて次のアクションを起こしましょう。

次に、クレームでクソミソに怒られたとき。

「この場限りだ」と考えましょう

数あるストレス要因の中で、クレーム処理は一番ストレスが溜まります。

しかし、所詮この場限りなのです。この場だけ我慢すれば終わりなのです。

クソミソに怒られるなんて、ほとんどの大人は社会人になってからは経験しません。

そう考えると貴重な経験ですので少しは楽しんだらいいんです。

ストレスと向き合うときに重要なのは「解決できない問題はない」と知っておくことです。

「どうしよう」と悩むからストレスになるんです。「こうしてみよう」と行動すれば楽しい実験になります。

私みたいなバカでも、百発打てば一発くらいは答えにぶち当たるものです。

「解決できない問題はない」のです。ただし、あきらめなければ、ですが。

「お客が来ない」とお困りの店長さんへ

無料で「お店集客ツールキット」を差し上げたいのですが……
受け取って頂けますか?

コメント