安売りが麻薬と言われる本当の理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「安売りは麻薬」ですが、安売りそのものが悪いわけではないです。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

私は「安売りはバカでもできる」と言う意見には反対です。

ここで言う安売りとはいわゆる値引き販売のことです。価格以上の価値を提供する、店長養成講座で言うところの「安売り」のことではありません。

バカが安売りしたら破綻するだけです。安売りには高度なマネージメントと高い販売力が必要なのです。

たとえば、安く売るためには、安く仕入れることと、安く運営できることの2つが必要です。

こうした裏付けも無しに安売りるから破綻するのです。

安く仕入れること、安く運営することがどれだけ難しいことか。

しょぼい商品ならいくらでも安く買い叩けますが、そんな商品ばかり仕入れるバイヤーは売場から叩かれるでしょう。

だって、売れないから。

ちなみに、売れない店はバイヤーに甘いことが多いです。売れない商品ばかり仕入れるバイヤーは責任を追求されるのが当然なんですよ。

そんな私も「安売りは麻薬」には同意します。

よほどのバカでない限り、安売りすると売れるんですね。売上を作るのにこれほど楽な手段は他にはないわけです。

たとえば、新しい店を作ったとき、一気にお客を獲得するには安売りするのが最善の策です。

チェーンストアが新しい店をオープンするときも、新しい企業が店を始めるときも同じです。

ちなみに、バカがやる安売りの代表はお客様が欲しくない商品を安く売ることです。

そんなバカな!?と思います?

冗談やウケ狙いで言っているのではありません。そんな店が本当に山ほどあるのです。

それで売れないと嘆いているのです。当たり前だっつーの。

安売りは、カンタンに売上が作れるので、ついついやってしまいがちです。

でも気をつけて下さい。

利益が減ること?

いえ、それも問題ですが、それ以上に問題なのはあなたの能力が劣化することです。

値引き販売は、考えなくてもいいし、手間もかかりません。

一方で、価格以上の価値を提供するとか、お客のニーズ・ウォンツを調べるのは、考えなければならないし、情報を集めたり、分析したりなどの手間もかかります。

人間はどうしても楽な方へ行きたがるものなのです。

あなたが今の地位で満足ですか?

満足なら余計なお世話です。しかし、もっと上に行きたいなら安売りで楽をしてはいけません。

禁煙するのが大変なように、一度付いた悪い習慣から抜け出すのは大変です。

だから、考えることや手間をかけることからは、決して逃げてはいけないのです。

あなたは売上を上げるには
売れ筋を売らなければならないと
思っていませんか?

それは違います。
答えはこちらのメルマガにあります。

続きはココをクリック

コメント