スポンサーリンク

来店客数もわからずに商売をしてはいけない

■来店客数もわからずに商売をしてはいけない

おはようございます、小宮です。

売上アップには戦略が必要です。と言っても難しいことではありません。

データを集め、分析し、問題点をあぶりだし、対策を打つこと、これが戦略です。

ライバル店の分析は次のステップです。まずは自分の店の現状を把握することが売上アップの近道です。

では、現状を把握するとはどういうことなのでしょうか?

まずデータを集めます。最低でも次の4つのデータは集めなければなりません。

  • 来店客数
  • 買い上げ客数
  • 客単価
  • 一人当たり買い上げ点数

来店客数以外はレジさえあればわかる数値ですが、あなたの店は来店客数を把握していますか?

わからなくても恥じることはありません。来店客数がわからない店の方が圧倒的な多数ですからね。

しかし、来店客数がわからなくては売上の状況が正確に把握できません

たとえば、来店客数がわからないと買い上げ率がわかりません。

買い上げ率とは、来店したお客のうち、何人が買い物をしたかを表す数値です。

買い上げ率は店作りの貴重な情報です。

たとえば、来店したお客の90%が買い物をしているなら、売上を今以上に増やすには来店客数を増やさなければなりません。

したがって、店が実行すべきアクションは、チラシの配布枚数を増やすか、広告屋を変えることです。

決して接客マナーのトレーニングではありません。

笑い事ではありません。こんなミスマッチなアクションが現実に実行されているのです。

ミスマッチなアクションは、結果が出ないばかりではなく、現場の士気を下げ、その上、経費の無駄遣いです。

来店客数を数える機械はそれほど高価なものではありません。ぜひ、経費で買って、戦略の立案に役立ててください。

「お客が来ない」とお困りの店長さんへ

無料で「お店集客ツールキット」を差し上げたいのですが……
受け取って頂けますか?

コメント