客数を増やす前に押さえておきたい3つのアプローチ

私のサイトは「客数を増やす方法」と言うフレーズで検索されることが多いです。

しかし、一口に客数と言っても、少なくても3つあって、それぞれに増やすためのアプローチは違うのですよね。

客数を増やしたいと言う前に、まずは、この辺を押さえておきましょうね。

スポンサーリンク

1.来店客数

買う買わないに関わらず、来店するお客様の数です。重要な指標なのですが、ほとんどの店が把握していません。

把握していない理由は、次の買い上げ客数で十分だと考えているのでしょう。

しかし、チラシの効果を測定するのに、一番わかりやすいのが来店客数です。

そもそも、店のチラシは店に来てもらうために配布するものです。来店客数が増えないチラシは失敗ですね。

そんなチラシを作った担当者には責任を取ってもらうべきなのです。

でも、ほとんどの店が把握してないので、「売れないのは売場が悪い」と言われても反論できないわけです。

自分を守るためにも、来店客数をカウントする機械を買いましょう。

2.買い上げ客数

この数字はレジでわかります。

店の人間が客数と言うときはこの客数を指すことが多いですが、この数字だけではあまり意味のある数字とは言えません。

もっとも、平均客単価は業界でデータを取っているはずなので、自分の店の力を測るのには使えますね。

>買い上げ客数の使い方は、来店客数がわかった上で、買い上げ率を出すといいですね。

来店客のうち、何人が買い物しているかと言うのは重要な指標になるはずです。

残念ながら、標準の買い上げ率なんてどこの業界にもないので比較はできないんですが、「買い上げ率を上げる」と言う視点は新しいアイデアを生み出してくれます。強くお薦めします。

3.リピート客数

ポイントーカードなどで顧客管理していればリピート客数がわかります。

リピート客数は、真のお客様の満足度を知るための格好の数値です。

お客様は気に入らない店では何度も買い物はしません。リピート客数が多いのはお客様が満足している証拠になります。

ただし、短期的な増減に意味はないので、毎日チェックするような数値ではありません。せいぜい1ヶ月に1回チェックすればいいでしょう。

どの客数を増やしたいのか?

このように、一言で「客数を増やしたい」と言っても、それぞれアプローチは異なります。

客数を増やすときはどの客数を増やしたいのか、狙いをはっきりさせてください。

あなたは売上を上げるには
売れ筋を売らなければならないと
思っていませんか?

それは違います。
答えはこちらのメルマガにあります。

続きはココをクリック

コメント