お客に舐められない方法

■お客に舐められない方法

おはようございます、小宮です。

販売員の中には、お客に舐められやすい人がいます。

たとえば、売上の多い販売員はクレームも多いです。売っている分、比例してクレームも増えるのは仕方ないです。ところが、売上は並なのに、クレームの多い販売員がいます。

また、やたらと安売りする販売員がいます。それで売上を上げているなら我慢できます。でも、売上は並です。

こういう販売員は多いです。恥ずかしながら、私の部下にもこうした販売員がいました。

私は、彼らの接客を調べたことがありますが、接客マナーに問題があることは少ないです。客商売ですから、マナーが悪いヤツは採用しませんよね。

ちなみに、もし、接客マナーに問題があるなら、採用を見直すべきです。責任は、そんな販売員を採用した店長にあります。店長に採用する権限がなければ、営業会議などの公式の場で、採用した人事担当者にクレームを付けましょう。そうしないと、あなたの責任にされてしまいますので。

さて、原因はちょっとしたところにありました。

彼らはお客に舐められていたのです。

だから、舐められないようなアドバイスをしたら、クレームは減り、安売りも減りました。

今回は、お客に舐められないための、もっともカンタンに使える方法を一つだけ紹介します。カンタンなので、あなたの部下が同じことで困っているなら、ぜひお試しください。

ちなみに、以前、部下に舐められない方法と言うのを書きましたが、あれとは違う方法です。と言うか、あの方法はお客には使えませんからね。

さて、お客に舐められないカンタンな方法とは?

大きい声で話す

セールスマン向けのセミナーでは、よく発声練習が行われます。それも、絶対に普段使わないような大きい声を出すことを求められます。出せるようになるまで何度もやらされます。

なぜ、普段使わないような大きな声を出すのかわかりますか?

地声を大きくするためです。

では、なぜ、地声を大きくするかわかりますか?

声が大きい人は、自信満々に見え、パワーがあり、相手に威圧感を与えることができるからです。

逆に、声が小さいと自信がなく、弱そうに見えます。そんな人間なら、舐められて当然だと思いませんか?

リーダーシップセミナーなどでよく行われていますが、見知らぬ人間が数人集まって何かをするとき、主導権を握るのは声の大きい人間です。私は、上場企業の部長たちを差し置いて、場を仕切っていました。私は、頭は悪いですが、訓練のおかげで声だけは大きいからです。

お客に舐められないためには、大きな声を出しましょう。

ところで、「大きな声を出すなんてカンタンだ」と思ったら大間違いです。大きな声を出すのはカンタンではありません。やってみればわかります。だから、真面目に発声練習を行ってください。

「そんなうまい話あるわけない!」

そう思った人は誰かにだまされています。

お金を掛けずに、今スグ売上アップできる方法