マーケティング」カテゴリーアーカイブ

「思い出」商品は売れる

売れるキーワードは「思い出は常に美しい」です。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

私が今年の夏に好きになったモノがあります。

「お前の好みなどに興味はない」?

まあ、そう言わずお付き合いください。確かに、ほとんどは私の好みの話ですが、要は、売れる商品のアイデアの話なので。

よろしいですか?

では。

あなたが千葉県人でない限り、コレは知らないと思います。

なぜなら、千葉県と一部の地域だけでしか買えない飲み物だからです。

続きを読む…

USPとコアストーリーと使命感

ようやく紹介できるようになりました。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

私のサイト「店長養成講座」のトップページを見たことがある人?

たぶん、ほとんどいないと思います。

メルマガで送られてくるURLにアクセスして読了という方が多いと思います。

だからと言って、もっと他のページを見てくださいと言いたいのではありません。

トップページをようやく商売人のモノらしく整えつつあるからです。

商売人がサイトのトップページでやることは次の3つ。

続きを読む…

ライバル店を見ないで勝てるわけがない

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

2月に対面コンサルを募集して、これまで7件無料相談をやってきました。

「無料だから」申し込んだ人が多くて、正直、不愉快な思いもしました。

当分無料相談はやりたくないです。

今回は、無料相談で感じた「おかしいこと」をシェアします。

私が無料相談で感じた「おかしいこと」とは?

続きを読む…

なぜ、クリスマスケーキの予約を増やしたいのか?

儲けたいのか?集めたいのか?どっちですか?

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

クリスマスケーキの予約を増やす方法について「インセンティブを付けなさい」と書いたら「クリスマスケーキは利益を稼ぐ商品。粗利を削るなんてとんでもない」と言うご意見を5件頂きました。

このご意見を聞いて肝心なことを忘れているのに気づきました。

クリスマスケーキの予約を増やす狙いが曖昧だったことです。

だからうまいこと伝わらなかったのかもしれないです。

続きを読む…

メモ帳

売上を上げるために店長が残しておくべき3つの記録

何をやってどうなったかを残しておきましょう。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

あなたは売上を上げるために何かしていますか?

失礼しました。店長養成講座で学んでいるあなたが何もしていないわけがありませんよね。

ただ、何をやったか、記録に残しています?その結果、どうだったのかも?

もし残していないのだったら、今からでも遅くはありません。何をやって、どうなったのかを記録してください。

続きを読む…

差別化は現場の仕事?ではない?

おはようございます、小宮です。

12月4日の記事に“あ”と名乗る人から「いい加減なこと書きすぎ」というコメントを頂きました。

普通なら”あ”とか言うふざけた名前のコメントは即削除です。

失礼にもほどがありますからね。

しかし、コレについては同じように勘違いしている人がいるかも?と思いました。

何を勘違いしているのだと思います?

続きを読む…

市場規模を知ろう

おはようございます、小宮です。

あなたは自分の店がある地域の市場規模を知っていますか?

ココで言う市場規模とは、あなたの店の商品が、この地域で年間にどれくらい需要があるかと言うことです。

知らなくても困らないかもしれませんが、知っていると店作りに役立つのはもちろん、上司から信用を得られます。

知っていても損はありません。

続きを読む…

マーケティングなんて役に立たない

おはようございます、小宮です。

ずいぶん昔に「マーケティングを学ぶ本」という記事を書きました。この記事は今もそこそこアクセスがある、私のサイトの中でも人気のコンテンツの一つです。

こんな記事を書いておいて何ですが…。

私がもし、「マーケティングを学ぶと役に立つのか?」と質問されたらこう答えます。

「マーケティングなんか勉強しても現場じゃ役に立ちませんよ」

続きを読む…