Gmailで独自ドメインのメールアドレスを使う手順【図解付き】

独自ドメインのメールアドレスを作った後、悩ましいのがメールアプリをどうするかです。

なぜなら、さくらのレンタルサーバで独自ドメインのメールアドレスを作ったものの、標準のメールアプリが使いにくいのなんの。迷惑メールフィルタもイマイチだし……。やっぱり、Gmailの方がいいよなあ~。

そして、せっかく作った独自ドメインのメールアドレスを止めて、Gmailに戻る人がいます。でも、それはお勧めできません。その理由はこちら――

そんなあなたに、独自ドメインのメールアドレスをGmailで使う方法を紹介します。

Gmailで独自ドメインのメールアドレスを使う手順

Gmailで独自ドメインのメールアドレスを使う手順
StartupStockPhotos / Pixabay

Gmailで独自ドメインを使うには、受信と送信でそれぞれ設定が必要です。まず最初にGmailで独自ドメインのメールアドレスを受信する手順を説明します。

Gmailで独自ドメインのメールアドレスを受信する手順

Gmailで独自ドメインのメールアドレスを受信する手順は、さくらのレンタルサーバのコントロールパネルで行います。Gmail側で設定することはありません。

用意しておくモノ

  • あなたが使っているGmailアドレス。
  • さくらのレンタルサーバのコントロールパネルにアクセスできるPCか、Mac。

さくらのレンタルサーバの契約がまだの方はこちらからできます。

さくらのレンタルサーバ | 高速・安定WordPressなら!無料2週間お試し
高速、安定サーバーならさくらのレンタルサーバ!PHP7モジュールモードでWordPress高速化。無料SSL、Webフォント、バックアップ機能などWebサイト制作に便利な機能が充実。ドメイン取得、WordPressインストールも簡単。無料電話サポートで個人から法人まで安心してお使いいただけます。

独自ドメインをまだ持っていない人はこちらを申し込むと、このサイトの例がそのまま使えます。

ムームードメイン | 欲しいドメインがすぐ見つかる。
「ムームードメイン」は、国内最大級の独自ドメイン取得サービスです。400種類以上の豊富なドメインの中から、欲しいドメインがきっと見つかります。取得後はホームページをすぐに作成できるサービスも提供。まずはドメイン検索から。

あと、こちらの設定も完了させておいてください。

1.メールアドレス一覧を開く

さくらのレンタルサーバのコントロールパネルからメールアドレス一覧を開きます。

メールアドレス一覧を開くにはココをクリックします。

2.メールアドレスを設定する

これから新しいメールアドレスを作るなら新規追加ボタンをクリックします。

既にメールアドレスを作ってあるなら、Gmailで使いたいメールアドレスの設定ボタンをクリックします。

メールアドレスを設定

新規追加の場合、入力する項目は次の通り。

  • ユーザ名:メールアドレスの左側を入力
  • パスワード:この後スグ使うので、必死に覚えるか、メモしておいてください。
  • パスワード(確認)

このメールアドレスをGmailで使う場合は次を設定します。

  • メールの受信:転送専用にチェック。
  • 転送先アドレス:あなたのGmailアドレスを入力します。
  • ウイルスチェック:無効(Gmailを使うので不要)

入力が終わったら保存するボタンをクリックします。

Gmailで独自ドメインのメールアドレスを受信できるようになりました

以上で、独自ドメインのメールアドレスをGmailで受信できるようになりました。試しに、独自ドメインのメールアドレス宛てにメールを送ってみてください。Gmailで受信できたらココまでは完了です。

ただ、このままでは問題があります

それは、Gmailからメールを送信すると、差出人のメールアドレスがGmailのメールアドレスだと言うことです。

普通は、送信と受信は同じメールアドレスで行われるモノと思いますよね?

受信するときと、送信するときでメールアドレスが違うのは違和感があります。

こうした違和感は、ITリテラシーのある人は、「この人、ITに弱いのかな」と思うでしょう。ITに弱いと面倒と思われるかもしれません。その結果、顧客を失うかもしれないです。

一方、ITリテラシーのない人は、心当たりのない、Gmailのメールアドレスから送られたメールを見て不安に思うでしょう。不安に思った人は中身を見ずに削除してしまうかもしれないです。その結果、やはり顧客を失うかもしれないです。

ただ、そこは天下のグーグル様。その辺りも抜かりはないです。

Gmailには、独自ドメインのメールアドレスからメール送信できる方法があります。その手順をこれから説明します。

Gmailで独自ドメインのメールアドレスからメールを送信する手順

Gmailで独自ドメインのメールアドレスからメールを送信するには、Gmailで設定します。

準備しておくモノ

  • 独自ドメインのメールアドレス
  • 独自ドメインのメールアドレスのパスワード
  • Gmailのウェブ版にアクセスできるPCか、Mac.

1.Gmailの設定からアカウントとインポートを開く

設定のアカウントとインポートを開くにはココをクリックします。

  • メールを受信したアドレスから返信するをチェックします。
  • 他のメールアドレスを追加をクリックします。

2.自分のメールアドレスを追加――別のメールアドレスの情報を入力してください

他のメールアドレスを追加をクリックすると次のウィンドウが開きます。

次の3つの項目を入力します。

  • 名前:あなたの名前を入力します。メールを送信するとき、差出人の項目に使われます。
    例)小宮修造 <shuzo@komish,jp>
  • メールアドレス:独自ドメインのメールアドレスを入力します。
  • エイリアスとして扱います:ココをクリックして、チェックを外します。

すべて入力したら、次のステップをクリックします。

3.自分のメールアドレスを追加――SMTPサーバー経由でメールを送信します。

次のステップをクリックすると、ウィンドウが次の表示に変わります。

ユーザー名とパスワードを入力して、アカウントを追加をクリックします。

  • ユーザー名:ユーザー名は、@と独自ドメインを追加してください。
  • パスワード:さくらのレンタルサーバで作った、メールアドレスのパスワードを入力します。

4.メールアドレスを確認する

アカウントを追加をクリックすると、ウィンドウが次の表示に変わります。

Gmailのメールボックスで、差出人がGmailチーム、件名がGmailからのご確認というメールを開き、文面の指示に従って確認作業を行ってください。

2020年3月2日現在、このメールは迷惑メールフォルダに入ってしまいます。迷惑メールフォルダからこの件名のメールを探して、開いてください。

怖いことが書いてありますが、Gmailアカウントと独自ドメインメールアドレスが、自分が設定したモノならばGoogleからのメールです。

一応それを確認した上で、確認コードをコピーして、メールアドレスの編集ウィンドウに戻ります。

確認コードを入力して、確認ボタンをクリックします。

なぜ、Googleからのメールが迷惑メールに?

理由は単純です。このメールがインターネットメールの最新規格に対応していないからです。そのため、メールの差出人が確認できず、迷惑メールとして扱われてしまうわけです。

4.独自ドメインのメールアドレスをデフォルトに設定する

メールアドレスの確認が完了すると、設定アカウントとインポートが次の表示に変わります。

デフォルトに設定をクリックすると、文字がデフォルトに変わります。

これで、Gmailで送信するメールは独自ドメインのメールアドレスになります。

Gmailで独自ドメインのメールアドレスを使えるようになります

以上で、使い慣れたGmailで独自ドメインのメールアドレスを使うことができます。

良きメールライフをお楽しみください!

売れる店作りのために最低限やるべき8つのこと

売れないのは店作りの基本ができていないか、基本のレベルが低すぎるからです。

今スグチェックする

あなたは売上を上げるには
売れ筋を売らなければならないと
思っていませんか?

それは違います。
答えはこちらのメルマガにあります。

続きはココをクリック

コメント

タイトルとURLをコピーしました