GarageBandでループを組み合わせて1曲作ってみた

PR

私は今UQ mobileでiPhone6sを使っています。

私がiOSで気に入っているのはGarageBandというDAWアプリです。DAWとはデジタル・オーディオ・ワークステーションの略で、音楽制作のほぼ全てをその中だけで行えるアプリケーションのことです。

GarageBandに匹敵するアプリはWindowsにもAndroidにもありません。何しろ、GarageBandは無料なので。

私の世代だとDTM――デスクトップミュージックと言う方が馴染みがあります。DTMだと音源――シンセやサンプラーがないと音が出なかったり、また、生楽器の録音ができなかったりと言った制限がありますが、DAWは音源も内蔵していたり、ボーカルやギターを録音して編集することもできます。

ちなみに、私が最後に使った音楽制作アプリはCubaseSXです。CubaseSXは録音機能はありますが、音源は別に必要でした。

GarageBandは、私のような古い世代にとっては余計なお世話だと思う部分が多いのですが、それでもカンタンに音楽制作ができることは素晴らしいです。特にループを使うと、適当に並べるだけでそれなりの曲ができたりします。私はもっぱらコレで気分転換しています。

ループとは、演奏された音楽が入ったトラックです。たとえば、並べるだけでこんな曲もどき(注意:押下すると音が出ます)ができます。このトラックにメロディーかラップを乗せたら、今風のそれぽっく聞こえませんか?

正直言うと、携帯電話の小さい画面では使いにくいので、もう少し真面目に遊びたいならiPhoneではなく、iPadかなと思っています。

「今日から売上アップできる7つのテクニック」

そんなうまい話、あるわけない!

もし、そう思うなら――失礼ですが、あなたは商売をわかっていません

詳しいことはこの無料レポートを読んでみてください。





「また前年割れか……」

なぜ、あなたの店は前年割れを繰り返すのか?

その理由を知りたい人はココをクリック

PR

関連記事