日本が学歴社会なんてウソである

PR

日本は断じて学歴社会ではありません。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

あなたは大卒ですか?

もしそうなら、大卒が有利だと感じたことはありますか? たぶん、ないのでは?

ちなみに、私は専門学校卒ですが、大卒が有利だとも、専門学校卒が不利だと感じたことはありません。

なぜなら、販売の世界は売るヤツが偉いと決まっているからです。

他の業界はわかりませんが、少なくても販売の世界は違います。

でも、それはいいことなのでしょうか?

日本では大学を出ていなくても、実力さえあれば会社で良いポジションを得ることができます。専門学校卒の私が2つの店の店長を務めることができたように。

もちろん、医者になるとか、一流企業に入りたいというなら大学を出てないとダメです。それは仕方ありません。

でも、それ以外なら学歴は関係ありません。

特に販売の世界は売れるヤツがエラいに決まってます。そいつの学歴など関係ないです。どんなに知識があっても売れなければただのお荷物なのです。

ただ、私にはそれがいいことだとは思えないのです。

私がいた会社は米国に出店していたことがあります。

その店の、現地採用の米国人スタッフがこんなことを言っていたそうです。

「この店はいろいろな仕事をやらせてもらえてうれしい。この国では、高校を出てスーパーのレジになると、一生レジの仕事しかできないので。レジ係から抜け出すにはギャングになるか、起業するしかない」。

ま、ギャングはジョークだと思いますが。

コレは米国に行ったスタッフから直接聞きました。私の店のスタッフの一人が、開店準備で米国の店に派遣されたのです。彼は英語がペラペラだったので。

もし、学歴の壁があったら、自分の方が実力はあるのに、大学を出たヤツが出世するわけです。

面白くないですよね?

それが何度も繰り返されたら、自分の力を証明したくなります。でも、会社にいる限り、それは不可能なわけで。

自分の力を証明するには、会社を飛び出し、自分で起業するしかないわけです。

ところが日本は実力主義です。

だから、学歴のない、優秀なヤツが会社組織に安住してしまうのです。

もし、学歴の壁があったら、起業して日本経済に貢献したかもしれないのに。

起業が増えれば日本経済の活性化に繋がると私は思うのです。日本も学歴社会にすべきでは?

あなたはどう思いますか?

売上を上げるには 売れ筋を売らなければならないと思っていませんか?

それはウソとは言いませんが、正確でもありません。

なぜなら、3ヶ月で30%の売上アップを果たした時、私が売ったのは売れ筋ではなかったからです。

■あなたの頭に売れる考え方をインストールしませんか?

今スグチェックする

PR

関連記事

PR