スポンサーリンク

店長の価値を自分で下げてないか?

おはようございます、小宮です。

あなたのお店では、「店長のお勧め」というPOPを使っていますか?

使ってないと今日の話はあまり役に立たないかも知れません…。

「店長のお勧め」というPOPは、使い方を間違えると店長の価値を下げてしまいます。

あなたに質問です。

「店長のお勧め」というPOPを貼っている商品は、本当にあなたがお薦めしている商品ですか?

本当にお勧めしているなら全く問題ありません。

しかし、本当はあなたのお勧めではなく、「この商品に店長のお勧めPOPを貼れ」と、本部や上司に指示されたのではありませんか?

あるいは、主力商品にはもれなく貼っているのではありませんか?

もし、このような使い方をしているなら、今スグ止めてください。

店長のお勧めとは、そうカンタンに貼ってはいけないのです。

自分のことだとあまり感じませんが、店長は敬意を払われる立場です。お客にも取引先にも、一目置かれる立場です。

たとえば中卒で二十歳の若造は、普通なら吹けば飛びますが、店長となると違います。いい年をしたおっさんがハゲを見せるように頭を下げます。

ちなみに、中卒で二十歳の店長は実在の人物です。私の業界にいました。めっちゃやり手の店長でした。

なお、いい年をした禿げたおっさんも実在の人物です。

クレームで「店長を出せ」と言われるのは一目置かれることの裏返しです。

どうして店長が敬意を払われるのか、あなたはわかりますか?

店で起ったことの、すべての責任を負う立場だからです。重い責任を負う立場だから敬意を払われているのです。

給料に見合わない責任と思うかも知れませんが、店長という肩書きで得をしていることも多いはずです。

「店長のお勧め」を安易に連発するのは、責任を叩き売りしているのに等しいのです。

叩き売りされた責任に、誰が価値を感じるというのでしょう。

店長は敬意を払われているのです。その敬意を利用しない手はありません。

「店長のお勧め」POPを貼るときは、店長がお勧めするに値する商品だけに貼るようにしてください。

もし、本部や上司の指示で貼っている場合は、「コレが本当の店長のお勧め」POPを作って貼ってください。

「コレが本当の店長のお勧め」POPは、店長の手書きでメッセージを書きます。

「店長のお勧め」POPは、既製品か、あるいは、印刷されたモノが多いので、手書きの方が目立つのです。私のように悪筆なら、一部だけ手書きでもいいです。

何より、手書きなら「本当に店長が書いている」、「本当にお勧めなんだ」とお客に伝えることができます。

店長なんか大したもんじゃない…そう思っているのはあなただけなんですよ。

3ヶ月以内に売上不振から抜け出す方法とは?

受付は今日11月25日(月)まで。
急いでチェックしてください。


ブログには書けない、
販売と集客の本当のことはメールマガジンで!

「え? ブログにはウソが書いてあると言うこと?」
いいえ、さすがにそうではありません……

続きはココをクリック

タイトルとURLをコピーしました