タグ別アーカイブ: 店頭

入りやすい店にするもっとカンタンな方法

お客様はお客様のいる店に集まるのです。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

店舗デザインやVMDの専門家は入りやすい店にするために様々な提案をしてきます。

たとえば・・・

・ショーウィンドウは進行方向正面に配置する
・店頭の陳列什器は斜めに並べる
・入口の照明の照度を上げる
・入口に暖色系の色の商品を陳列する

等々。

よくもまあいろいろ思いつくモノだと感心してしまいます。プロってすごいんですね。

しかし、入りやすい店にするならもっとカンタンな方法があります。

続きを読む…

なぜ店頭をふさぐレイアウトをするのか?

トレンドにしてもどうかと思います。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

最近やたらショッピングセンターで見かける店頭のレイアウトがあります。

店頭に平台をズラーッと並べて特売品を展開するレイアウトです。

もしかしたら今のトレンドなのかもしれません、私が勉強不足なだけで。

それでも私にはこのレイアウトを行う意味がわからないです。

続きを読む…

たった一つの店頭の役割

専門家に聞くと10個くらい挙がりますが…。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

あなたは店頭の役割をわかっていますか?

店頭の役割については、店のコンセプトを打ち出すとか、お客様を選ぶとか、遠くのお客様に気付いてもらうとか、いろいろ言われますが、全部忘れて下さい。

そんなにたくさんのこと、店の人員だけでできるわけがないからです。

できないことなど覚えるだけムダです。

そういうときはもっとも重要な仕事だけに集中するのがコツです。

そう考えると、店頭の役割はただ一つ。

続きを読む…

お客様が集まる店頭POPの書き方

活用しなきゃ損です。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

店頭は私たちが自由に使えるメディアです。

あなたは店頭を活用していますか?

そんな店頭を最大限活用できるのが店頭POPです。

なぜだかわかります?

もっともお客様に近いのが店頭POPだからです。

続きを読む…

入りにくいお店とは?

おはようございます、小宮です。

あなたのお店は入りやすいお店ですか?

念のため言っておくと、入りやすい店=売れる店というわけではありません。

「お客様を選ぶ店」なら入りにくい方が良かったりしますからね。

ただ、あなたの店が「どんなお客様もウェルカム」ならば入りやすい方がいいでしょう。

入りにくい店と入りやすい店の違いはどこにあるのでしょうか?

続きを読む…

店がタダで使える集客ツール

おはようございます、小宮です。

集客と言うと、チラシやDMと言った集客ツールに目が向きがちです。

しかし、チラシやDMはお金がかかります。しかも、集客できるかどうかははやってみなければわかりません。

ところが、店にはタダで使える集客ツールがあります。

あなたはタダで使える集客ツールを活用していますか?

タダなんですから使わないと損ですよね。

そんな、店がタダで使える集客ツールとは?

続きを読む…

お客を集めるために店頭で何を言えばいいのか?

おはようございます、小宮です。

店頭は店が無料で自由に使える集客ツールです。

では、お客を集めるために店頭で何を言えばいいのでしょうか?

この答えはものすごく単純です。

圧倒的なお得感を訴えればいいです。

続きを読む…

店頭でお知らせしていますか?

おはようございます、小宮です。

あなたは今何を売り込もうとしていますか?

え?特にない?

そう言う人は問題外です。

お客は私たちが魂を込めて売り込んでやっと「少しだけ」興味を持ってくれるのです。

売り込まなきゃ売れないんです。

ここから先は売り込むモノがある人だけ読んで下さい。

続きを読む…

店が無料で自由に使える集客ツール

おはようございます、小宮です。

集客と言うと、チラシやDMと言った広告手法に目が向きがちです。

チラシやDMはお金がかかります。

しかも、お客が集まるかどうかはやってみなければわかりません。

ところが私たちは無料で自由に使える集客ツールを持っています。

あなたは無料で自由に使える集客ツールを活用していますか?

続きを読む…