「それではクリスマスケーキの予約は増えないです」

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

前回の記事「クリスマスケーキの予約を増やす方法」に「50人全員が買うわけではない。それではクリスマスケーキの予約は増えないのでは?」という質問を3件頂きました。

確かに、この方法だけでは予約は増えないです。

引っ越したりしていなくなった人もいるし、環境の変化でクリスマスケーキが必要なくなった人もいるでしょう。

50人全員が予約するわけではないのは確かです。

それでも、ゼロからスタートするよりは精神的に楽ではないですか?

0から100を目指すより、30から100を目指す方がカンタンでしょ?

まさか、コレだけで予約を増やそうと思っていませんよね。

続きを読む…

クリスマスケーキの予約を増やす方法

毎年言っているのに、やったという人、年に一人いるかいないかです。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

今年もこの質問を受ける季節になってきました。

「クリスマスケーキの予約を増やすにはどうしたらいいのでしょうか?」

続きを読む…

人を見たらお客と思え

「お客様が邪魔だ」と思ったら、必ずコレを思い出してください。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

あなたは「人を見たらお客と思え」って言葉、知ってます?

コレ、「人を見たら泥棒と思え」をもじったモノです。

意味は人がいたら必ずお客様がいると言うことです。

私は新人の頃、先輩に教えてもらいました。

しかし、私たちは、せっかく多くの人が群がるモノを見つけても、それを提供するどころか排除してしまうことがあります。

え、信じられませんか?

続きを読む…

あなたの店にお客様が入らない物理的な理由

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

お店にお客様が入らない理由は店員の存在が大きいです。

したがって、店員の存在を希薄にすればお客様が入りやすくなります。

ただし、コレが効果を上げるには物理的な原因がないことが前提です。

あなたのお店は物理的に入りにくいと言うことはないですか?

お客様が入らない物理的な理由は次の通りです。

続きを読む…

正しい改装のやり方

もし、改装しても売れないならやり方が間違っています。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

なぜ私たちは改装するのでしょうか?

店を良くするため?

違います。

店は商品と売場と人のかけ算です。ちょっとやそこら売場が良くなったところで、商品と人がゼロならすべてはゼロなのです。

では、改装なんか意味ないのでしょうか?

そんなことはありません。

続きを読む…

店作りの当たり前のレベルを上げる方法

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

店は当たり前のことをやれば必ず売れる店にできます。

売れないのは当たり前のことができていないか、当たり前のレベルが低すぎるのです。

とは私がなんとかの一つ覚えのように言っていることです。

当たり前のことについては「売れる店作りのために最低限やるべき8つのこと」を読めばわかります。

今回は当たり前のレベルを上げる方法を紹介します。

続きを読む…

現金問屋を使って売上アップできる方法

ヤマダ電機もビックカメラも実はそうなんです。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

現金問屋を使えばお店を急成長させることができます。

私のいた家電量販店の業界にはそうした例がたくさんあります。

’90年代、ステップというディスカウンターがメディアのスターになりました。

「5つのNo」というコンセプトを打ち出して、返品や交換、接客、サービスなどをしない代わりに安く売るというやり方をしました。

「価格破壊」と言う当時のトレンドに乗っていたため、経済紙を中心によく記事になっていました。

続きを読む…

なぜ、成功した小売の経営者は人相が悪いのか?

と思ったこと、あなたもあるでしょ?

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

個人名を挙げるのは控えますが、成功した小売の経営者には人相の悪い人が多いと思いませんか?

あんなのが売場にいたらお客様が怖がって寄りつかないと感じる人すらいます。

と思ったら、そういう人たちは現場出身ではなかったんですね。

それでわかりました。彼らが、なぜ人相が悪いのか!

続きを読む…

「人のせいにするな!」

実は、私が「人のせいにするな!」と言う時は、2つの意味を持たせています。気づいてました?

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

あなたは売上が悪いのを人のせいにしていませんか?

たとえば、ライバル店が安いとか、店員が動かないとか、バイヤーが無能とか、スーパーバイザーがクズとか、フィールドコンサルタントが生意気とか。

ま、人間、自分が一番かわいいです。

「悪いことを人のせいにする」のはかわいい自分を守るための自然な反応です。

しかし、あなたが売上を上げたいなら話は別です。

悪いことを人のせいにする弱さを克服する必要があります。

続きを読む…