販売に向く人間を見極めるカンタンな方法

PR

「店は人」です。自動販売機で商売できるならいいのですが、残念ながら、そんなことは不可能です。たとえ接客をしない店でさえ、レジ係には人を置かなければなりません。レジの対応ひとつで店の印象が決まってしまうのはあなたもご存知の通りです。

もちろん、教育も必要なのですが、それより重要なのは、販売に向く人間を採用することです。幸い、今、人を雇うコストは只みたいなもんです。店頭に求人のポスターを張っておけば人は来ます。

もっとも、短時間の面接で人を見極めるのは大変です。アルバイトの場合だと、だめだったらすぐに辞めさせればいいと考えがちですが、これは危険な考え方です。どうしてもアルバイトを軽視しがちになるからです。

多くのお店はアルバイトやパートなしでは成り立たないはずです。アルバイトやパートを安易に扱っていると、いい人材が集まらなくなります。

アルバイト、パートというのは地元の人がほとんどです。お客さんともつながっています。人を大切にしない会社という評判が広まったらどうなるでしょうか? 従業員も大切にしない会社が、どうしてお客さんを大切にすると思えるでしょうか?

例えば、あなたの会社は、フリーターの社員採用はしてますか?

私のいた会社は、フリーターは社員採用してはいけないことになっていました。アルバイトから社員に採用することは困難でした。

でも待ってください。

フリーターなしでは店は成り立たないのに、いざ、社員となるとフリーターを差別するのは完全に矛盾しています。

別にアルバイトを辞めさせるなといっているわけではありません。本当にだめな人間なら、アルバイト仲間からそう指摘されます。そうなったときに辞めさせるのは何の問題もありません。
ただ、あまりにどうしようもない人間ばかり採用していると、優秀なアルバイトも、「この会社は、アルバイトなどいくらでも代わりがいると思っている」と思ってしまいます。

「誰でもできる仕事」に誰がプライドを感じるでしょうか? プライドを感じなくて誰が仕事にまじめに取り組めるでしょうか? 

アルバイト、パートとはいえ、採用は慎重にやるべきなのです。だめだったら辞めさせればいいという考えは捨てるべきです。

では、採用はどうすればいいか?

まず、どんな人材がほしいのか、具体的なイメージを作ることです。単に人手が足りないから、というので採用するのではなく、どんな仕事をさせたいのか、そのために必要なものは何かをはっきりさせることです。

私の場合は新しい人間を生み出すつもりで、架空のプロフィールを作ってから採用に望みました。

販売に向く人というのであれば、一番重要なのはコミュニケーションスキルです。どんなにパソコンに詳しくても、私の場合、コミュニケーションスキルのない人間は採用しませんでした。逆にコミュニケーションスキルがあるなら、パソコンを知らなくても採用しました。そういう人間なら覚えるもの早いからです。

「コミュニケーションスキルなんて、実際に売場に立たせて見ないとわからないんじゃないか?」

いえ、一瞬で見分ける方法があるのです。

コミュニケーションスキルがあるかどうかを見極めるには、両親の事を聞けばいいのです。

人間がコミュニケーションスキルをマスターするのはやはり家庭です。家庭内でちゃんとコミュニケーションのできる人間はコミュニケーションスキルがあると思って間違いありません。

逆に家庭内のコミュニケーションがうまくできてない人間は、コミュニケーションスキルに問題があります。こういう人間は、接客にも、それから、店内の人間関係にも問題を持ち込んでしまいます。

方法はカンタンです。両親のことをどれだけ知っているか、聞いてみればいいのです。

例えば両親の年齢。意外と答えられない人が多いです。誕生日。出身地。仕事の内容。
親ときちんとコミュニケーションできる人間であれば大丈夫です。私はこの方法で採用して、今まで27人の社員アルバイトを採用しましたが、一度も失敗したことはありません。

念のために言っておくと、両親が離婚しているからダメとか言うのは全く関係ありません。

採用する場合は、いつもその場で決めました。どういう人間が必要かをあらかじめわかっているので、それに合うか合わないかはスグ判断できます。面接後に考える必要はなかったのです。

もちろん、コミュニケーションスキルは鍛えることができます。コミュニケーションスキルに問題ありと判断しても、あなたの期待するスキルがあるなら採用してもいいでしょう。あなたのお店に教育する余裕があればそれで構いません。

でも、教育に避ける時間がほとんどないのであれば、コミュニケーションスキルを持っている人間を採用したほうが短期間でお店の戦力になるのは間違いありません。

なお、この方法はあくまで販売に向く人間の採用方法です。これ以外の分野に使えるかどうかは、私自身、経験してませんのでわかりません。

でも、コミュニケーションスキルというのはどんな職場でも重要なものだとは思いますけどね。

なぜ、あの店は売れて、自分の店は売れないのか?

同じことをやっているのに、なぜ?
もし、あなたがそう感じるなら……

それはあなたが、売上を作る暗黙の了解を知らないせいかもしれません。


お金を掛けず、
3ヶ月以内に、
5~30%
売上アップできる方法

知りたい人は店長養成講座10日間メールセミナーで。
無料で受講できます。

今スグチェックする

PR

おすすめの記事

         小宮秀一   
  人作り