スポンサーリンク

高い!

年末年始限定、電子書籍単品販売セールのご案内です。これをダウンセルと言います。

こんにちは、店長養成講座の小宮秀一です。

先週の日曜日に痛めた腰ですが、まだ完治しません。腰を伸ばすときと、曲げるときに電気が走ります。その度に身体に力が入るので疲労感が半端ではありません。これは整体に行った方がいいのか……。

え? お前の腰がどうなろうが興味はない?

そーですよねー。

それでは、電子書籍単品販売セールについて説明します。

スポンサーリンク

電子書籍単品販売セール

店長養成講座の独習用プログラムは、メインの教材があって、それを補完する教材とのセットで提供するのが基本です。

そのため、価格は10,000円を越えるモノが多いです。

それで、繰り返し言われるのが「高い!」です。

冷静に価値を見てもらえたら決してそんなことはないと思うのですが……。

たとえば「売れる店作りのために最低限やるべき8つのこと」は、店作りとは顧客を増やすことで、顧客を増やすには何よりもまず、店作りの基本を徹底しなければならないとしています。顧客を増やすための基本は8つを徹底すればいいというのが「売れる店作りのために最低限やるべき8つのこと」のメインテーマです。

この切り口で書かれた教材は「売れる店作りのために最低限やるべき8つのこと」以前は皆無でした。

その結果、シンプルなメソッドとなって、2016年11月の発売以来、大ヒットとは言えませんが、コンスタントに売れ続けているわけです。

それでも10,000円が高いという指摘は、単純に考えたらその通りです。

実験:安くしたら売れるのか?

そこで、この年末は少し調べてみることにしました。果たして安くしたら売れるのか?

正直言うと、「売れる店作りのために最低限やるべき8つのこと」を安くしたことがあります。その実験では売上個数はまったく変わりませんでした。つまり、値下げした分、売上も利益も減ってしまったわけです。

まあ、考えられる理由として、「売れる店作りのために最低限やるべき8つのこと」が即効性を訴えた商品ではないことが挙げられます。

いわゆる予防商品なので、この種の商品を買う人はレベルが高い人に限られます。つまり、見込み客が少ないのでこの結果になったのだと考えられると言うことです。

ただ、繁忙期の実験は初めてです。アクセス数の多いこの時期に安くしたら売れるのか?それとも売れないのか? 他の商品ではどうなのか?

それを試してみることにしました、

もちろん、値下げすると言っても、特典付きを安くすることはできません。買った人に怒られてしまいますので。

そこで教材を単品で販売することにしました。

「売れる店作りのために最低限やるべき8つのこと」を単品販売

第一弾は「売れる店作りのために最低限やるべき8つのこと」です。

顧客を増やすには店作りの8つの基本を徹底すると言うコンセプトの教材です。

「売れる店作りのために最低限やるべき8つのこと」の詳細はこちらでお確かめください。

なお、期限は決めていませんが、年明けには意味のあるデータが取れると思います。

明日は……

明日は違う教材をご案内します。「単品でもいいから購入したい」という教材があったらリクエストしてください。コメントでもメールでもオッケーです。

売れる店作りのために最低限やるべき8つのこと

あなたは全部わかりますか?

答えはこちらにあります。

ブログには書けない、
販売と集客の本当のことはメールマガジンで!

「え? ブログにはウソが書いてあると言うこと?」
いいえ、さすがにそうではありません……

続きはココをクリック

コメント

タイトルとURLをコピーしました