集客なんか勉強したくない

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

あなたは集客をやりたい店長ですか?

率直に言うと、そのような店長は少数派と言えるでしょう。

と言うのも、オーナー店長は商品が好きだから店を持った人が多いからです。

たとえば、パン屋のオーナーはパンが好きだからパン屋になったのです。パン作りと経営は勉強したモノの、集客の勉強などしたことがないと言う人が多数派ではないでしょうか?

そのような人が「今さら集客の勉強なんかしたくない」という気持ちはよくわかります。

それでも、お客様が来ないと商売を続けることはできないわけです。

スポンサーリンク

「いいものを提供すればお客様は来る」

職人肌の店長さんにはこのように考えている人が多いです。

実は私も現役の頃、商品知識を極めればお客様は来ると考えていました。私が売っていたのはパソコンです。会計の知識を学べば法人のお客様が来ると思っていました。

その姿勢は決してバカにされたり、舐められたりするモノではありません。

なぜなら、このような店は買った人の満足度は高いからです。したがって、お客様が増えれば大きく売上アップできる可能性が高いわけです。

黙っていてもお客様は来ない

小売店集客のプロとしては「黙っていてもお客様は来ませんよ」と言います。

知らない商品は決してほしくならないです。それと同様、知らない店には行くことができないからです。

だからと言って、今さらカスタマーバリュー、ターゲティング、USP、コアストーリー、4Pと言った集客をゼロから学ぶのは時間が掛かりすぎます。勉強している間に店がなくなるかもしれないのですから。

そもそも、店長の多くは集客のプロになる必要はありません。自分の店にさえ、お客様が来てもらえればいいわけなので。

そのためには、集客メッセージと集客ツールの作り方を知っておくだけで大丈夫です。

この2つを知っていると、たった一つの集客策を見つけることができます。

たった一つの集客策を見つける

ところであなたは集客メッセージと集客ツールの作り方を知っていますか?

もし、知らない、あるいは知ってはいるけど、ノウハウとして整理されていないのなら、こちらの店長養成講座のプログラムをご利用ください。

売れる店作りのために最低限やるべき8つのこと

売れないのは店作りの基本ができていないか、基本のレベルが低すぎるからです。

今スグチェックする

あなたは売上を上げるには
売れ筋を売らなければならないと
思っていませんか?

それは違います。
答えはこちらのメルマガにあります。

続きはココをクリック

コメント

タイトルとURLをコピーしました