職場の人間関係を良くする方法

PR

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

“新人バイト”さんから「入って3ヶ月ですが廻りが打ち解けてくれません」と言うメールを頂きました。

私は基本、人間関係の悩みは扱わないです。人間関係に悩めるうちは仕事への取り組みが足りないと思うからです。もちろん、偏見だという自覚はありますが。

それなのになぜ取り上げる気になったかというと、この原因が当たり前のレベルにあると感じたからです。

“新人バイト”さんからのメールは次の通り。

今のバイト先に入ってもうすぐ3ヶ月になりますが人間関係がうまく行きません。

あとから入ったバイトは社員さんや先輩バイトと楽しそうにやっているのですが、自分に対しては必要なこと以外会話することがありません。自分から話しかけても無視はされませんが会話が続きません。

どうしたら廻りと打ち解けられるのでしょうか?

私はこのような、廻りが打ち解けてくれない人を何人も見たことがあります。その人たちには明確な共通点がありました。

はっきり言います。“新人バイト”さん、あなたは嫌われているのです。嫌われていると言っても、学校じゃないんですから見た目や性格で嫌われているのではありません。仕事先で嫌われる理由は、挨拶ができないか、仕事の質が低いかのどちらかです。

挨拶ができない

挨拶ができない人が嫌われるのは宇宙の法則です。それくらい当たり前ということです。たかが挨拶、されど挨拶なのです。

もしかしたら“新人バイト”さんは「自分は挨拶している」と思っているかもしれません。残念なお知らせですが、周りから「挨拶ができない」と思われている人は、一人の例外なく、「自分は挨拶している」と思っています。

仕事の質が低い

あなたはちゃんと仕事をしているつもりかもしれません。ところが、社員や先輩バイトから見たら質が低すぎて「仕事をしてない」と思われているのです。

実はコレ、仕事をしないヤツより立場が悪いです。仕事をしないヤツは怒られるので自分で気づくことができます。しかし、仕事の質が低い場合は注意されません。そのうちできるようになるのが普通だからです。

問題なのは普通じゃない人です。いつまで経っても質が低いままだと廻りがどう思うでしょうか?

「こいつ、(オレたちの)仕事を舐めている」と思うでしょ!? 「自分の仕事を舐めるヤツ」を嫌いになるのは当然でしょ?

人間関係を改善したいですか?

今の環境から抜け出すには仕事を辞めるのが一番です。

よく「こういうのができないと他でも同じ」と言います。しかし、そうとは限りません。新しい職場には口うるさい上司がいて、細かく注意してくれるかもしれませんし、あるいは、新しい職場は質が低くても許されるかもしれません。

ただ、“新人バイト”さんのように、現状を変えたい人には手を差し伸べたいと思います。

嫌われない挨拶の仕方

好印象を与える挨拶のポイントは3つあります

  • 挨拶は大きい声で
    普通の人の大きい声は大して大きくありません。したがって、挨拶しても相手に聞こえない可能性があります。自分の出せるもっとも大きな声で挨拶をしましょう。
  • 挨拶される前に挨拶する。先に挨拶されてしまったら、挨拶が終わってから挨拶をする。
    相手が「おはようございます。」と言い終わってから挨拶をします。挨拶に挨拶をかぶせてはいけません。失礼と思う人もいるし、あなたの挨拶が聞こえない可能性もあるからです。
  • 相手の方を見て挨拶する
    たとえば、スマホをいじりながらの挨拶は確実に嫌われます。挨拶は作業の手を止め、立ち上がり、相手の方を見て挨拶するのが礼儀です。

仕事の質を高める方法

あなた自身の仕事の質をチェックしてみて下さい。“新人バイト”さんには後輩がいますよね?

あなたと後輩の仕事の質を比べてみて下さい。たとえば、あなたと後輩が、トイレ掃除が仕事なら結果を比べてみて下さい。後輩が掃除した方がはるかにきれいなはずです。

だったらやることはカンタンです。後輩に仕事を教えてもらえばいいのです。

ただし、必ず後輩に結果をチェックしてもらってください。“新人バイト”さんは自分で気付けなかったのですから必須です。絶対に自分で何とかしようとは考えないで下さい。

挨拶と仕事の質を高めなさい

この方法、あなたの自尊心が傷つくかもしれません。しかし、現状を変えたいなら自尊心など最初に捨て去ってください。

挨拶ができて、仕事の質を高めることができたら、人間関係もうまく行くことでしょう。

「今日から売上アップできる7つのテクニック」

そんなうまい話、あるわけない!

もし、そう思うなら――失礼ですが、あなたは商売をわかっていません

詳しいことはこの無料レポートを読んでみてください。



PR