売上を上げてバカにしたヤツらを見返したくはないですか?

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

あなたには見返したいヤツはいませんか?

売上が悪いと、舐められ、バカにされるのが普通です。

商売の世界は、売るヤツがえらく、売れないヤツはゴミなのです。

バカにされたら悔しいですよね?

バカにしたヤツらを見返したいと思いませんか?

見返したいなら売上を上げることです。そのためには売上の作り方を知っている必要があります。

売上を作るには3つの方法があります。

客単価を上げる

客単価を上げる方法は、買い物に来たお客様が対象です。

買い物に来たお客様に、少しでも多く、あるいは少しでも高い商品を買って頂くことで売上を作る方法です。

この方法のメリットは販促費が要らないことです。お金のない店の場合はココから始めるのがいいでしょう。

ただし、この方法で上がる売上は3%程度です。なぜなら、今あなたの店で買い物をしているお客様の購買力に依存するからです。

したがって、銀行や上司を見返したいときには使えません。結果が地味すぎて自然増にしか見えないからです。

来店客を増やす

派手な結果がほしいなら来店客を増やす方法がお勧めです。

売場にお客様がたくさんいると見た目も派手です。

一般に、10%売上を増やすには客単価を10%増やすより、客数を10%増やす方がカンタンです。

たとえば、売上を50%以上増やしたいなら来店客数を増やす方がカンタンです。

ただし、この方法、どうやってもお金が掛かります。

たとえば、店頭で呼び込みをすればチラシ代は必要ありません。しかし、ただ呼び込みしてもお客様は入らないです。

なぜなら、来店してもらうには見返りが必要だからです。

お客様に店に来てもらうのはお願いです。お願いには見返りを用意するのが大人のマナーです。

見返りなしでお願いしたら「失礼なヤツ」と思われるでしょう。それでは来店してもらえなくても仕方ないと言えるでしょう。

私たちがお客様に用意すべき見返りは、割引か、特典です。割引も特典もお金が掛かります。

来店客を増やすには、行動する前からお金が掛かるのです。しかも、このお金、回収できる保証はありません。失敗したら損が残るだけです。

したがって、利益が出ていないなら、この方法は絶対にやってはいけません。お金のないときのギャンブルは失敗する可能性が高いからです。

買上率を上げる

お金もない、かと言ってヤツらを見返したいのなら、買上率を上げる方法をお薦めします。

買上率を上げる方法の中で、派手な結果をもたらしてくれるのが、売れる商品をもっと売るです。

この方法は売れる商品は売れるので販促費は必要ありません。

販促費を使うにしても、売れる商品なので回収できる可能性が極めて高いです。売れる商品への販促費は投資と言えるでしょう。

また、売れる商品をもっと売る方法は結果も比較的派手です。さすがに50%増はムリですが、10~30%程度の売上を作ることができます。

なぜなら、お客様全員が売れる商品のことを知っているはずはないからです。多くの人が買っている商品のことを、より多くの人の目や耳、手に触れさせるのです。これくらいは売れるのは当然と言えるでしょう。

あなたが銀行や上司を見返したいときには、売れる商品をもっと売る方法をお試しください。

ところで、あなたは「売れる商品をもっと売る方法」は何をすればいいかわかりますか?

売れる商品をもっと売る方法は、売れ筋を売ることではありません。

もし、あなたが「売れる商品をもっと売る方法」がわからない、あるいは、わかってはいるけれどもう一度学び直したいならこちらで学んでください。

■ あなたの店を最短で売上アップできる5つのステップとは?

今スグチェックする

PR

関連記事