「今までアクションプランをいい加減に作っていました」

PR

お疲れ様です、店長養成講座の小宮秀一です。

「売上を作る暗黙の了解」を読んだハヤタさんから感想を頂きました。

「今までアクションプランをいい加減に作っていました。これでは売れるわけがないと実感しました」

どういうことでしょうか?

とその前に。あなたはアクションプランをご存じですか? 知っていてもいい加減に作っていませんか?

もし、あなたの店が売れないのなら、それが原因の一つかもしれないです。

アクションプランとは、販売計画を達成するためにやるべきことが書かれた計画書です。

年度の初めに事業計画を立案します。アクションプランは事業計画で立案する計画の一つで、行動計画とも言います。

事業計画は、利益の目標を決め、それを達成するための売上、粗利、販管費、仕入、在庫の予算を決め、それを月ごと、商品ごとに落とし込みます。コレが販売計画です。

しかし、販売計画だけでは絵に描いた餅です。その計画を達成するためには何らかの行動が必要だからです。

その具体例な行動が書かれた計画書がアクションプランです。

アクションプランがあって、ようやく仮説検証、PDCサイクルが回り始めるのです。

アクションプランがない?!

にも関わらず、アクションプランがない店、あってもいい加減な店が実に多いです。

いや、たとえいい加減でも、アクションを実行していたらまだましです。ほとんどの店は実行すらされていないのです。

売上計画の数値を見て「ノルマ重すぎ」と嘆いているだけです。それでも、売上を作るための具体的な行動はしないのです。

何もしないで売上が上がるわけがないのです。

アクションプランは秘密ではない

売上を作るにはアクションプランが不可欠です。コレは売上を上げている店長には当たり前のことです。

だから、彼、彼女たちから、「売上を作るにはアクションプランが必要だ」とアドバイスされることはないです。

コレは意地悪をしているのでも、秘密にしているのでもありません。アクションプランなしで売上を作ろうとしている人がいるなど、想像すらできないからです。

ハヤタさんのその後

ハヤタさんは「売上を作る暗黙の了解」で学んだあと、今年度のアクションプランを全部作り直しました。

早速その月の計画を達成したそうです。

あなたのお店にアクションプランはありますか? アクションプランを実行していますか?

もし、あなたが実行可能なアクションプランの作り方を学びたいならこちらで学んでください。

同じことをやっているのに、
どうしてあの店は売れて、自分の店は売れないのか?

もし、あなたがそう感じるなら……
それは売上を作る暗黙の了解を知らないせいかもしれません。

■ あなたの店を最短で売上アップできる5つのステップとは?

今スグチェックする

PR

おすすめ記事

PR

関連記事